CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

楽しいアニメがある限りほぼ毎日更新

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
お返事いたします
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 帝都Girlsの散り様をしかと見よ…… トータル・イクリプス BD第1巻(初回限定版) | main | 2012年9月終了アニメの感想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気blogランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
トータル・イクリプス 第14話「衛士の一分」
ラトロワ中佐の口癖「分をわきまえろ」は、自分自身に言い聞かせていた言葉でした。彼らが国家や党の英雄になりたかったはずなどない…… 全体主義国家による、人間性の否定。

ユウヤはジャール大隊のおかげで命拾いしましたが、大隊の方はついに現れたレーザーちゃんの殲滅作戦を敢行し、全滅(ということになっている)。そして「英雄」となりました。

思えば、党や国家への忠誠を放棄し、体制のあり方に疑問を持つようになった時点で、ソ連における彼らの行く末は決まっていたようなものです。中佐も、そのせいで最前線に飛ばされたんでしょうし。大隊の面々はただ生きて帰るために、そして大切な人を守るために戦ったのですが、この国ではそのような考え方は許されないのでした。そして彼らは、彼らが最も嫌悪し軽蔑していた、「党」や「国家」の英雄となったのでした。彼らがそんなことを望んでいたわけはないのですが。

結局彼らは、自分たちが一番なりたくなかったものになってしまいました。しかも、自分たちを殺した連中によって、です。みんなは「ジャール大隊は党や国家に尽くした英雄だ。なんと立派なことだ」と讃えるでしょう。これが死者に対する大いなる冒涜だというのは、よくわかります。彼らの人としての尊厳は何重にも踏みにじられるのです。畜生のごとくBETAに貪り喰われるのといい勝負です。どっちがマシなのかは、わかりませんが……

英雄というのは、周囲が作り上げるもので、本人が望んでいるわけではない場合も多いのです。電磁投射砲を発射して「英雄」と呼ばれたユウヤは、ジャール大隊の顛末を聞いて、居心地の悪さを感じたのではないでしょうか。そんな具合に、全体主義国家における個人の人間性の否定が描かれていたので、どうも後味の悪いお話でした。スカーレット・ツインは、党と国家の犬として今回の茶番の後始末をやり遂げたわけですが、誰も非難することはできないでしょう。

今回爆撃機を一掃して大活躍(?)の光線級BETAですが、ついにCMにも登場。シュールな雰囲気を醸し出してくれました。あのつぶらな瞳が、小憎らしい(笑)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
人気blogランキングへ
| トータル・イクリプス(終) | 23:50 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 23:50 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1519
トラックバック
◎トータル・イクリプス第14話「衛士の一分」
→空軍がくる‖ユウヤ:こんなざまじゃヴィンセントに怒られちまうな、ベータにはすかれてるらしいぜ‖:一緒ににいこうぜ、シラヌイ!だあああああ!!ユウヤ:エンジンが・...
| ぺろぺろキャンディー | 2013/01/30 11:04 PM |