CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< トータル・イクリプス 第9話「落涙」 | main | この中に1人、妹がいる! 第8話「妹はあらがっていた」 >>
映画 スターシップ・トゥルーパーズ
アニメ『トータル・イクリプス』を見て、異形の敵が大挙して押し寄せる絶望的な世界観というものに関心が出てきました。似た状況を描いており、マブラヴにも影響を与えたのではないかと言われているのが、この映画『スターシップ・トゥルーパーズ』です。以前から見たいと思っていたので、この機会にシリーズ3作ををまとめて見てみました。

3本見たところ、やはり1作目の『スターシップ・トゥルーパーズ』の出来が最も良いと思いました。4, 5メートルはあろうかという敵のウォリアー・バグが大地を覆い尽くし、次から次へと押し寄せてくる様は圧巻です。バグは、それこそゴキブリなんかのように、ちょっとやそっとの攻撃では止まらず、完全に行動不能になるまで襲いかかってきます。主人公のジョニー・リコたち歩兵部隊は、それにアサルトライフル1丁で立ち向かわなければならないので、たまったものではありません。人間はブッ刺されて、どんどんバラバラに千切られていきます。

戦闘シーンはそんな感じですが、もうひとつ印象的なのは、「地球連邦放送」です。この世界では民主主義体制が崩壊し、地球連邦が軍隊中心の支配を行っており、従軍経験がなければ市民権が得られません。しかし強制的な徴兵制を敷いているわけではないようで、民衆の歓心を買うために政府はプロパガンダ放送を行っています。その内容が実にアホらしい(笑) 監督のポール・バーホーベンが『ロボコップ』などを手掛けていたということで納得です。この映画で皮肉られているのは、軍国主義の滑稽さやアホらしさであり、また、戦争体質から抜けることができない米国の姿でもあると思うのです。

まあ、そんな難しい話は抜きにしても、この映画はB級SFアクションとして十分楽しめます。

続編の『2』『3』はともに低予算・短期間で制作されたということで、スケール的には1作目に見劣りがしてしまいます。『2』は打ち捨てられた前線の基地で話が展開。1作目ではおちょくって描かれていた軍国主義でしたが、2作目では、生命や人間性を無視するものとして露骨にイヤな感じで描かれています。

『3』では、1作目に出てきたジョニー・リコが再登場。パワード・スーツ「マローダ」も登場します。でも低予算のせいか、CGがなんだか安っぽく見えてしまいます。注目は、連邦軍総司令官が自ら歌う戦意高揚歌 "It's a Good Day to Die" (今日は死に日和)です。「連邦に命を捧げる!」という、アレな内容の歌詞ですが、曲自体はノリが良く、非常に楽しいです。聴いたらしばらく脳内をループして、「フォザフェデレ〜ションアイウィルギブマ〜イラ〜イフ♪」と歌いたくなる名曲です(笑) この曲も、軍国主義のアホさしさをよく表していると思います。

『3』のテーマの一つは、宗教。反戦運動家を片っ端から処刑して宗教も弾圧していた連邦が、戦意高揚のために手のひらを返す様や、違う神を信じる者への不寛容など、宗教の問題にっていも皮肉っぽく描かれています。

終盤、マローダが登場してバグを焼き尽くすシーンで流れている荘厳な音楽の元ネタは、グレゴリオ聖歌の「怒りの日」(Dies irae)の有名な旋律。聖歌の歌詞は「その日こそ怒りの日である。世界は灰に帰る、ダヴィデとシビラの予言のごとく」というものなので、このシーンの描写と、『3』のテーマのひとつである「宗教」とを踏まえた、なかなか唸らせる選曲です。

というわけで、軍国主義に対するセンスの利いた皮肉や、強力な敵が大挙して攻めてくる戦闘シーンなど、なかなか楽しめるシリーズでした。特に1作目が良かったです。これは何度も見たいですね。

最後に『マブラヴ』との比較をしてみると、バグは地球にまではやってきていないので(隕石を落としたりはしていますが……)、絶望感はBETAの方が上という感じです。ブッ刺されてバラバラにされて死ぬのと、喰われて噛み砕かれて死ぬのとどちらがいいかと聞かれると…… なんとも言えませんが。軍国主義をアホらしく描いている作品と、各国の権謀術数を描いている作品ということで、毛色はかなり異なる印象を受けました。単純にパクリとか何とか、そういう話ではないでしょう。

JUGEMテーマ:映画
 
人気blogランキングへ
| 映画鑑賞記 | 01:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 01:36 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック