CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 機動戦士ガンダム 0083 ジオンの残光 | main | プーランク:スターバト・マーテル、グローリア >>
ぱにぽにだっしゅ! 第26話「一寸先は闇」

名残惜しいですが、ぱにぽにも今回でおしまい。相変わらずネタのオンパレードですが、今回は簡単にいってみましょうか。


一条祭りから地球を救い、平和な日々が戻った桃月学園ですが…… くるみの髪が短くなっている? でもあとのシーンでは元に戻ってますが。どういうことなんでしょう。宇宙人の本星では地球殲滅計画が発動。でも…… 特に何も起きませんでした。計画は取りやめですが、代わりにメソウサはエンタープライズ号で本星へ…… 「さようなら」って、こういうことですか。エンディングは「黄色いバカンス」で。


今回は季節はずれの「水着回」なのでしょうか。暑さに負けて、校長はプール開放の粋な計らい。ずいぶんサービスが良かったです。ネタは、エヴァやガンダムが目に付きました。黒板は、お疲れ様のメッセージです。本当にお疲れ様でした。あれだけの作画クオリティを維持しながら、膨大なネタを織り込むのは大変だったと思います。最終回は、お話としてはそれほどインパクトが大きいものではありませんでしたが、何気ないお話できれいにまとまりました。シリーズ通して一筋縄ではいかない作品でしたが、最後まで「何かでかいことをやってくれるのでは……」と期待していた視聴者を裏切ったということなのでしょうか。


●総括
最初の頃は、どうということもない作品なのかと、ちょっとなめてました…… どうもすみません。かなり膨大な数のネタを作品中にちりばめて、視聴者をにやりとさせることにかけていたようです。正直なところネタの大半はわかりませんでしたし、ちょっとネタを入れすぎじゃないかと思ったこともありました。それでもこの作品を楽しく見られたのは…… どうしてなんでしょう? 説明するのは難しいですね。毎回感想を書くのも難しかったですが……
1つは、終始質の高い(艶っぽい?)作画を崩さずに見せてくれて、しかも映像に芸術的センスが感じられたことがあると思います。特にオープニング・エンディングの映像は、ひとつのポップアート作品としても差し支えないくらいよい出来だったように感じられました。ストーリーは…… 大して問題じゃなかったのかもしれませんけど。この作品は、映像を見て楽しむアニメでした。オープニング・エンディングの楽曲も良かったですよ。
作品全体の個人的評価を表すとすれば…… 「ぱにぽにのDVD欲しい?」と訊かれれば迷わず賛成しますが、「自費で買う?」と訊かれると、少し迷うという感じでしょうか。ネタはちょっと刹那的なんですよね。
何だかんだ言って、ぱにぽにおもしろかったので、アニメ終了して不足するぱにぽに分をどう補給しましょうかね…… CDとか本とかを、ちょっとずつ買ってみようかな?


キャラクター好感度(上から)
桃瀬くるみ・芹沢茜(甲乙つけがたい……)、念仏の都、橘玲、ベッキー、姫子


↓名残惜しいですねぇ
人気blogランキングへ
| ぱにぽにだっしゅ!(終) | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 23:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック