CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< Another 0巻 | main | ロマン派の交響曲(講談社現代新書) >>
ベルリオーズ:「イタリアのハロルド」「ロメオとジュリエット」
インバル(エリアフ),ベルリオーズ,フランクフルト放送交響楽団,バシュメト(ユーリ)
コロムビアミュージックエンタテインメント

インバル(エリアフ),シェルヌス(ヘルベルト),アルディス(ジョン),クレード(マルクス),フランクフルト放送交響楽団
コロムビアミュージックエンタテインメント

ベルリオーズの曲といえば、「幻想交響曲」がダントツに有名で人気もありますが、ほかにも交響曲があります。それが「イタリアのハロルド」と「ロメオとジュリエット」です。

交響曲「イタリアのハロルド」は、パガニーニの依頼で作曲されたということで、独奏ヴィオラが活躍する曲。劇的交響曲「ロメオとジュリエット」は、声楽をともなう大規模な曲です。どちらも「幻想交響曲」と同様、ストーリー性の強い曲ですが、「交響曲」と題されているだけあって、ソナタ形式やスケルツォ楽章など、ちゃんと形式も踏まえています。聴きどころもあり興味深い曲ではありますが、やっぱり「幻想交響曲」の印象が強烈過ぎるため、見劣りがするのは否めません。ベルリオーズはついに「幻想」を超える作品は残せなかったんだなぁ…… という感じがします。

今回初めて聴きましたが、入手したのはエリアフ・インバル指揮フランクフルト放送交響楽団の演奏(廉価盤のCREST 1000シリーズ)です。インバル指揮のベルリオーズでは「レクイエム」「ファウストの劫罰」もあり、なかなか良かったです。ブックレットでもインバルはベルリオーズについて述べており、シリーズ化するだけのことはあるようです。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
 
人気blogランキングへ
| 音楽試聴記 | 00:08 | comments(0) | trackbacks(4) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:08 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
インバル&フランクフルト放送響のマーラー:交響曲全集
インバルの基本的なアプローチが完全無欠の演奏を目指したものであるが故に、現時点においてもなお、本全集が普遍的な価値を失わないのではないかと考えている。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/23 3:05 PM |
インバル&都響のブルックナー:交響曲第8番
インバルの持ち味である粘り気が功を奏し、情念溢れる感動的な音楽に仕上がっている。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/24 2:24 PM |
インバル&都響のマーラー:交響曲第2番「復活」
随所に聴かれる金管楽器の最強奏や雷鳴のようなティンパニは、圧巻の凄まじいド迫力だ。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/07/05 3:41 PM |
インバル&都響のマーラー:交響曲第3番
近年のインバルの充実ぶりを認識させられる素晴らしい名演だ。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/07/06 3:06 PM |