CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ベートーヴェンの交響曲(講談社現代新書) | main | ベートーヴェン:交響曲全集(バーンスタイン&ウィーン・フィル) >>
やっぱり、ベートーヴェンが好き。杉井光「楽聖少女」(電撃文庫)
評価:
ヤルヴィ(パーヴォ),ベートーヴェン,ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン
BMG JAPAN

評価:
ベートーヴェン,バーンスタイン(レナード),ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

ライトノベルを久々に買いました。今まで読んだラノベはすべてアニメ化作品でしたが、今回初めてそうじゃないラノベに挑戦。杉井光著「楽聖少女」です。

高校生の「ユキ」は、悪魔のおねえさん・メフィトフェレスによって、19世紀欧州に連れて行かれ、文豪ゲーテになってしまう。そこで出会った少女の名は…… ベートーヴェン。そんなお話です。

この作品のテーマははっきりしています。すばり「芸術」です。人間にとって芸術とは? 文学とは? 音楽とは何なのか? なかなか渋いじゃありませんか。登場人物たちが表現者としてゲイジュツに情熱を燃やすさまは、ぐっとくるものがありますよ。(作家としての杉井先生も、もちろん思うところがあるでしょう。)しかし、ユキは感動して「合言葉」を口にすると、死んでしまいます…… そういう契約なので。感動してはいけない、というのは苦しみ以外の何物でもないはずです。芸術は、人を感動させるものなんですから。ベートーヴェンを聴いて何も感じない人は、音楽を聴く必要のない人です! でもそこはラノベなので、コミカルな展開も交えつつ、そんなことも考えさせてくれるお話です。

作曲家では、ハイドン、モーツァルト、サリエリ、パガニーニが登場。なかなかクセのある方々です(笑) あと今後出てくるとすればシューベルトくらいでしょうか。もちろんこの面々やベートーヴェンの手による音楽も作中に登場しますので、実際に音楽を聴いて知っていれば、より楽しめることはまちがいありません。


以下、ネタバレです。
 
ユキが飛ばされた19世紀は、現実の歴史上の19世紀よりもかなり技術が進んでいて、電話や列車なんかもあります。「悪魔の力」なんてのもよくあるらしい…… ということですが、やっぱり明らかにおかしいのはナポレオンでしょう。素手で軍勢を打ち破るとか…… これは今後の展開で謎が解かれるのかもしれません。

ゲーテになってしまったユキ。実際のところ、ゲーテはベートーヴェンの才能を非常に高く評価しつつ、粗野な人となりは嫌っていたそうですが、ユキとルゥはお互い何かと世話を焼きつつうまくやっているようです(笑) そして音楽家のゆかいな仲間たちも登場。ハイドン師匠はいつから格闘家に転向したんでしょう(笑) 確かに必殺技の名前にしたいような曲も多いですけど…… そしてモーツァルトがマリー・アントワネットと一緒にこっそり復活しているのも驚き。

ルゥは作曲と演奏に命をかける、本当の音楽バカです。作品の発表を阻止しようとする敵が登場しますが、一歩も引きません。人間の内側からあふれ出る芸術の力と、それを押さえつけることの無粋さ、愚かさみたいなものを感じずにはいられません。

この作品の中心となっているのは、ベートーヴェンの交響曲第3番変ホ長調です。しかし、ここにも史実と大きな違いが。現在「英雄」というタイトルで知られているこの曲、はじめベートーヴェンはその名も「ボナパルト」というタイトルで、ナポレオンに献呈しようとしていたのが、ナポレオンが皇帝に即位したのを知ると、ベートーヴェンは怒ってタイトルを「英雄」と変えた、というのは有名な話です。まあ、このエピソードも本当かどうか怪しいという説もありますが…… ベートーヴェンがつけたタイトルは間違いなく「英雄」でした。

しかし、この作中ではタイトルは変更されず、「ボナパルト」のまま世に出され、初演されます。歴史が変わったわけです。ここに、非常に強い違和感を覚えます。やっぱり、ベートーヴェンの交響曲第3番は、「英雄」じゃなきゃダメなんです。そうでないと、何か別の作品になってしまう気がします。ユキが感じた違和感も、こうしたものではないかと思います。

なぜこのようになったか考えると、やはり私たちの知っているルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンと、ここに登場するルドヴィカ・ファン・ベートーヴェンは異なる人物であるからです。そのことを強く印象付けられます。でもやっぱり、交響曲第3番「ボナパルト」では、どうも腑に落ちない…… 今後もっと深い理由が説明されることを期待します。タイトルが「ボナパルト」のままだったら、具体的なイメージがつきまといすぎて、ここまで高く評価される曲にはならなかったのではないかという気もするのですが。

作中に出てくる曲についての印象です。
●ハイドンの交響曲・弦楽四重奏曲
とにかく数が多いので、一部しか聴いたことがありません。「交響曲の父」は偉大。

●モーツァルトの「レクイエム」
モーツァルトが未完のまま世を去ったため、絶筆となりました。しかし古今のレクイエムの中の最高傑作と言ってもいいと思います。未完でも、です。完成していたらどんなに素晴らしかっただろう…… ということで、神様がモーツァルトに続きを書かせたくなったのもわかります(笑)

●バッハの「マタイ受難曲」
これはもうクラシック音楽の最高峰に挙げる人も多い一大名曲です。声楽、器楽、作曲技法、キリスト教…… さまざまなものを凝縮したひとつの到達点。演奏時間は3時間近くと、かなり長いのがネックですが…… 内容の良さがわかってくれば苦になりません。

●ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」
数多くある「パガニーニ変奏曲」の中でも、最も有名かつ素晴らしいのはこれではないでしょうか。カプリースのとんがった主題からあんなロマンティックな旋律が出てくるとは…… これを聴いたパガニーニはどう感じたんでしょうか。

そして、ベートーヴェンの交響曲第3番です。「ボナパルト」は聴けないので「英雄」ということで。最近ベートーヴェンの交響曲の解説を読んで、やっとこの曲のすごさがわかってきました。実際のベートーヴェンはこの曲を33歳のときに作曲しています。このような曲を、女性が、しかも10代の少女が作れるとは、とても思えません。……これは偏見でも何でもなくて、当時の社会的背景を考えると、そうとしか思えないからです。当時の女性像では、この話に出てくる皇女ルイーゼみたいな感じが普通だったのではないでしょうか。やはりルゥの存在に関しては重大な秘密があるのではないでしょうか。

今さらわたしなんかが「英雄交響曲」の素晴らしさを事細かに語る必要などないと思いますので、しませんが、もしこの作品を読んで、ベートーヴェンの「英雄」を聴いたことがない人がいたら、ぜひ聴いてほしいと思います。「ルゥが作ったのはこんな曲か……」と思いながら聴くのも、取りかかりとしてはいいでしょう。アニメの「聖地巡礼」みたいに(笑) とはいえ全曲を通すと50分を超える長い曲ですし、交響曲は形式を積み重ねて成り立つ絶対音楽…… つまり何か具体的なモノや出来事を描写した音楽ではないので、その点に慣れないときついかもしれません。

しかし、200年以上も演奏され続け、聴かれ続けている曲なわけですから、何の聴きどころもない曲であるわけがありません。「ベートーヴェンを聴いて何も感じない人は、音楽を聴く必要がない!」などと言ってしまいましたが、それはこういうことです。感動まではしなくても、「ここはなんかいいな」とか、「ここはワクワクする」という印象くらいは受けると思います。そういうのを大事にしてもらいたいです。確かにわたしの経験から言っても、一度聴いただけではよくわからないこともあるかもしれませんが、聴くのはやめないでもらいたいです。わたしのように、初めて聴いてから10年くらい経って、急に良さに気づくこともあるかもしれません。そういうものです(笑)

交響曲第3番「英雄」の録音はそれこそ膨大な数がありますが、おすすめできる演奏はないかと思い、家にあるCDをいろいろ聴いてみました。1週間毎日聴きましたが、飽きません(笑) 名曲とはそういうものです。第1楽章冒頭の2回の和音、そして第4楽章冒頭の下降音形を聴くと、「来た来たぁ〜!」という感じで盛り上がってきます。こうなったらしめたものです。一生懸命正座して聴く必要はなく、何か他のことをしながらのBGMでもいいので、こんなふうに、曲の展開がある程度わかるくらいに慣れるまで聴くのがいいかもしれません。

今回の「楽聖少女」では、見た目10代とおぼしき少女が作曲した曲ですが、そのイメージに一番合うと思われるのは、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルの演奏。これは快速テンポで突撃する「英雄」です。しかも決して軽くはなく、力のこもった、覇気の感じられる演奏です。鼻息の荒い10代の若者のイメージにぴったり(笑) この躍動感にはワクワクさせられます。非常に楽しくなってくる演奏です。しかし国内盤CDは多少お高いので、入手しやすい廉価盤からも。レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルの演奏。巨匠バーンスタインと世界の名門ウィーン・フィルの組み合わせですから、大いに期待できるのは当然ですが、それだけではありません。とても説得力とまとまりのある良い演奏だと思いました。第1楽章は速めのテンポで聴きやすいです。やはりこの曲はこうした流れを感じさせてくれる演奏が良く、あまり鈍重なのは合わないでしょう。

というわけで「英雄交響曲」への取っかかりとしてもいける、「楽聖少女」です。

気になる今後の展開ですが…… ベートーヴェンはなぜ偉大なのか。もちろん素晴らしい作品の数々をのこしているからです。……聴力を失ったにもかかわらず。作中でルゥの耳のあたりを銃弾がかすめていますが、これは今後への伏線だったりするのでしょうか。気になります。そしてユキも、せめて「第九」を聴くまでは死ねないでしょう(笑) ちなみに実際のゲーテの臨終の言葉とされているのは、「時よ止まれ、汝はいかにも美しい」ではありませんが…… 「ファウスト」を読んだことがないんですよね(笑)

いつか音楽を聴いて、
"Verweile doch, du bist so schön." か、
"Ich habe genung." (わたしは満ち足りた。)
と言ってしまうような体験をしたいものです。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
JUGEMテーマ:クラシック音楽
人気blogランキングへ
| 読書感想文 | 05:16 | comments(0) | trackbacks(13) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 05:16 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
スメタナSQのベートーヴェン:弦楽四重奏曲第12番、第14番(1970, 71)
メンバーが壮年期を迎えた頃のスメタナ弦楽四重奏団を代表する素晴らしい名演と高く評価したい。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/05 7:21 PM |
スメタナSQのベートーヴェン:弦楽四重奏曲第13番、大フーガ(1965)
メンバーが壮年期を迎えた頃のスメタナ弦楽四重奏団を代表する素晴らしい名演と高く評価したい。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/05 7:27 PM |
スメタナSQのベートーヴェン:弦楽四重奏曲第15番、第16番(1967, 68)
後年の円熟の名演よりも本盤の演奏の方を好む聴き手がいても何ら不思議ではない。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/05 7:35 PM |
パーヴォ・ヤルヴィ&フランクフルト放送響のブルックナー交響曲第5番
どこをとっても格調の高さを失うことがないのが見事である。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/07 4:37 AM |
ヴァント&北ドイツ放送響のベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」
本演奏こそは、ヴァントによるベートーヴェンの交響曲第3番の最高の名演と高く評価したい。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/11 2:15 PM |
パーヴォ・ヤルヴィ&シンシナティ響のベルリオーズ:幻想交響曲
このような楽曲になると、パーヴォ・ヤルヴィの卓越した豊かな音楽性は、存分にその力を発揮する。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/12 3:32 PM |
東京クヮルテットのベートーヴェン:「ラズモフスキー」四重奏曲集
この楽団の近年における充実ぶりを味わうことが可能だ。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/12 4:04 PM |
東京クヮルテットのベートーヴェン:初期弦楽四重奏曲集
いずれの楽曲の演奏も、第1弾と同様の素晴らしい名演と高く評価したい。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/12 4:09 PM |
東京クヮルテットのベートーヴェン:弦楽四重奏曲第10番&第11番
過去の様々な個性的な名演にも決して引けを取らない名演である。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/12 4:14 PM |
東京クヮルテットのベートーヴェン:後期弦楽四重奏曲集
楽曲の魅力をゆったりとした気持ちが味わうことができるという意味において、素晴らしい名演と高く評価したい。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/12 4:18 PM |
パーヴォ・ヤルヴィ&シンシナティ響のドビュッシー:管弦楽曲集
恣意的な解釈はいささかもなく、音楽も滔々と流れていくが、どこをとっても情感の豊かさを失っていないのが素晴らしい。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/13 1:10 PM |
ザンデルリンク&ベルリン・ドイツ響のモーツァルト:交響曲第39番、ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」 (1991)
このような素晴らしい名演奏を聴いていると、あらためて巨匠の死を悼む聴き手は筆者だけではあるまい。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/15 10:56 AM |
パーヴォ・ヤルヴィのブラームス:ドイツ・レクイエム
本演奏でのパーヴォ・ヤルヴィのアプローチは、ある意味では非常にオーソドックスなものと言える。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/23 10:04 PM |