CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< チャイコフスキー:交響曲第4〜6番(ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル) | main | やっぱり、ベートーヴェンが好き。杉井光「楽聖少女」(電撃文庫) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気blogランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
ベートーヴェンの交響曲(講談社現代新書)
ベートーヴェンの交響曲については、あえて言うまでもなくどれも素晴らしい曲であり、いろいろな演奏を聴きましたが、より理解を深めようと思って入手した一冊。著者は指揮者の金聖響さん、作家・音楽評論家の玉木正之さんです。

メインは金聖響さんによる各曲解説。解説といっても、専門的な話にはあまり立ち入らず、曲にまつわるエピソードや、演奏する際に指揮者が考えていること、聴きどころなどについて語った内容となっています。

ベートーヴェンの交響曲は、奇数番号の曲に比べて偶数番号の曲はなんだか影が薄い感じになってしまっていますが、それぞれの曲に聴きどころがあることに改めて気付かせてくれます。個人的には、奇数番号ではありながら第3番「英雄」について、曲が長い割にぼんやりしたイメージしかもてなくて苦手意識がありましたが、この本を読んで聴きどころがわかると、なるほど、名曲ということがよくわかり、払拭されたのが収穫でした。金聖響氏は、第4楽章の変奏曲のうち、ハンガリー風の第5変奏はダサイとか、第9番の第4楽章後半に不要な部分がある、と言っておられますが…… それはわたしも薄々感じてました(笑) 第九はちょっとくどいんですよね、確かに。

実際に曲を聴きながら読んだ方がわかりやすいだろうと思い、クーベリック指揮の全集を聴きながらこの本を読んだのですが、金聖響氏はピリオド・アプローチを重んじる立場から述べておられるので、演奏には合いませんでした(笑) そのあと映像で見たアバドの演奏パーヴォ・ヤルヴィガーディナーあたりのほうが、この本のイメージには合うでしょう。

金聖響氏は、ベートーヴェンの交響曲はどれも名曲であり、つまらなく感じたら、それは演奏がつまらないからだ、と言っておられます。……確かに。金聖響指揮のCDも出ていますから、ご本人の演奏も聴いてみたいと思います。なかなか参考になった一冊でした。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
 
人気blogランキングへ
| 読書感想文 | 00:52 | comments(0) | trackbacks(9) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:52 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
アバドのモーツァルト:協奏交響曲、フルートとハープのための協奏曲
いわゆる古楽器奏法を旨とする演奏としては異例と思われるほどの豊かな情感に満ち溢れている。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/25 3:41 AM |
ケーゲル&ドレスデン・フィルのベートーヴェン:序曲「エグモント」、交響曲第6番「田園」、交響曲第5番「運命」、J.S.バッハ:G線上のアリア
本演奏には、生きるための希望も、そして絶望も、人間が持ち得るすべての感情が込められていると思われる。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/25 3:50 AM |
アバド&ベルリン・フィルのチャイコフスキー:管弦楽曲集
これはアバド&ベルリン・フィルが成し遂げた最高の名演の一つと言えるのではないだろうか。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/25 4:50 AM |
小林研一郎&チェコ・フィルのベートーヴェン:交響曲第2番、第5番「運命」
いかにも「炎のコバケン」の面目躍如たる圧倒的な豪演と言える。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/25 7:57 AM |
パーヴォ・ヤルヴィ&シンシナティ響のプロコフィエフ:交響曲第5番/組曲≪キージェ中尉≫
聴き手は、深い呼吸の下にゆったりとした気持ちでプロコフィエフの魅力的な音楽を味わうことができる。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/25 8:26 AM |
パーヴォ・ヤルヴィのブラームス:ドイツ・レクイエム
本演奏でのパーヴォ・ヤルヴィのアプローチは、ある意味では非常にオーソドックスなものと言える。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/25 8:31 AM |
パーヴォ・ヤルヴィ&シンシナティ響のムソルグスキー:展覧会の絵 他
パーヴォ・ヤルヴィは、現代における最も注目すべき指揮者と言えるのではないか。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/25 10:41 AM |
ユジャ・ワン&アバドのラフマニノフのピアノ協奏曲第2番/パガニーニの主題による狂詩曲
ラフマニノフの演奏に時として聴かれる大仰さがなく、全体に力強い生命力とフレッシュな息吹が漲っている。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/25 12:07 PM |
クーベリック&バイエルン放送響のモーツァルト:交響曲第40番、第41番「ジュピター」(1985年ライヴ)
クーベリックは実演でこそ本領を発揮する指揮者であり、本演奏においてもその真骨頂が存在している。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/10 12:37 AM |