CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ブラームス:交響曲全集(ヴァント&北ドイツ放送響) | main | ベートーヴェンの交響曲(講談社現代新書) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気blogランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
チャイコフスキー:交響曲第4〜6番(ムラヴィンスキー&レニングラード・フィル)
評価:
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

チャイコフスキーの交響曲で、評判の良いものを、と思って入手。エフゲニ・ムラヴィンスキー指揮、レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、1960年の録音です。

チャイコフスキーの交響曲はあまり聴いたことがなかったのですが、久々に「これはスゴいわ〜」と思わされる演奏でした。

「チャイコフスキーが好きです。」と言うと、女性なら「わかるよ〜」となりますが、男性だと「女々しい」「軟弱」「堕落」とか言われそうな雰囲気があります(笑) おそらくチャイコフスキーの作風にロマンティックな部分が多いからだと思いますが(作曲者の繊細さを反映していると思います)、この演奏は一切そのような「軟弱」なところがなく、チャイコフスキーの音楽に対する認識を改めさせられます。

とにかくずっしり響いてきます。変に重々しいわけではなく、むしろテンポは速め。その中で、1音1音にアタックがバシッと決まっている、とでも言うのでしょうか。特に第4番の第4楽章や、第6番「悲愴」の第3楽章を聴くとわかります。速めのテンポでたたみかけて、勇ましく突き進んでいきます。なんというカッコ良さ。「悲愴」の第1楽章では、終盤にかなり力がこもっているように感じられる部分もあり、「こんな曲だったのか〜」と思わされました。

チャイコフスキーの後期交響曲の演奏として、決定盤に挙げる人が多いのもわかる、名演だと思います。ただ、初めて聴くときにこの演奏を聴いて、これが普通だと思ってしまうと、他の演奏がつまらなく感じられるかも……

JUGEMテーマ:クラシック音楽
 
人気blogランキングへ
| 音楽試聴記 | 00:54 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:54 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1451
トラックバック
ライナー&シカゴ響のチャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」
本盤は、指揮者、オーケストラ、演奏内容そして録音の4拍子が高水準で揃った名CDである。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/19 2:47 PM |
パーヴォ・ヤルヴィのチャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」/幻想序曲「ロメオとジュリエット」
どこをとっても情感の豊かさを失わない点については評価に値する。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/25 9:38 AM |