CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ベートーヴェン:交響曲全集(アバド&ベルリン・フィルDVD) | main | シューマン:交響曲全集(バーンスタイン&ウィーン・フィル) >>
メンデルスゾーン:交響曲全集(アバド&ロンドン響)
評価:
メンデルスゾーン,アバド(クラウディオ),アレイ(ジョン),ロンドン交響楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

メンデルスゾーンの交響曲は、第3番「スコットランド」と第4番「イタリア」しか聴いたことがなかったので、勉強としてほかの曲も聴いてみることにしました。

入手したのは、2009年のメンデルスゾーン生誕200周年の時に発売された、クラウディオ・アバド指揮・ロンドン交響楽団の交響曲全集で、1984年の録音です。比較的新しいデジタル録音であることと、国内盤仕様で第2番「讃歌」の歌詞対訳がついていることから、入門用に選んだものです。

有名な「スコットランド」「イタリア」はもちろんどちらも素晴らしい曲ですが、古典派のような特徴のある第1番、合唱を取り入れたカンタータのような第2番「讃歌」も良いです。第5番「宗教改革」は作曲者が失敗作だと言ったそうですが、コラール「神は堅き砦」が出てきたりして親しみやすいところもあります。

今回初めて聴いて特に驚いたのは第2番「讃歌」で、第1〜第3楽章のあとに合唱や独唱・重唱を織り交ぜたカンタータ風の部分が続いていて、全体の演奏時間は1時間をゆうに超えます。明らかにベートーヴェンの交響曲第9番を意識したものですが、規模はもっと大きく、むしろマーラーの交響曲第2番「復活」に近いような印象をもちました。マーラーよりもずいぶん前にこのような曲が書かれていたとは驚きです。規模のわりに、あまり親しまれていないせいか、演奏機会が少ないのはもったいない気がします。

アバドの演奏を選んで聴いたのは、おそらくクセの少ない演奏だろう、というのもありました。期待に違わず明快な演奏で、入門編としては十分だと思います。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
 
人気blogランキングへ
| 2009年アニバーサリー | 23:55 | comments(0) | trackbacks(11) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 23:55 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
マーツァル&チェコ・フィルのマーラー:交響曲第3番
マーツァルによる演奏は、長大な同曲をいささかも飽きさせることも、そして緊張感を強いることもなく、終始楽しく聴くことが可能である。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/14 3:41 PM |
ガーディナー&ウィーン・フィルのメンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」/第5番「宗教改革」
本演奏で素晴らしいのは、何よりもウィーン・フィルの奏でる音の美しさと言うことであろう。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/15 3:26 PM |
カラヤン&ベルリン・フィルのベートーヴェン:交響曲第3番《英雄》
壮年期のカラヤンならではの気迫と力強い生命力が漲った名演を聴くことができる。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/16 11:57 AM |
ヤンソンス&コンセルトヘボウのマーラー:交響曲第3番(1893-96, 1906年改訂/カール・ハインツ・フュッスル校訂版)
ヤンソンスは、全体の造型をいささかも弛緩させることなく的確に纏め上げるとともに、スケールの大きさを損なっていない。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/17 12:38 PM |
ライナー&シカゴ響のマーラー:交響曲第4番
ライナー時代のシカゴ交響楽団には、特に高弦において顕著であるが艶やかな美しさに満ち溢れていた。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/19 2:27 PM |
アシュケナージ&チェコ・フィルのマーラー:交響曲第9番
奇を衒うことなど一切排して、ただただ音楽そのものを語らせる演奏に徹している。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/22 2:45 PM |
テンシュテット&ロンドン・フィルのマーラー:交響曲第5番/第10番アダージョ
テンシュテットのマーラーの交響曲へのアプローチはドラマティックの極みとも言うべき劇的なものだ。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/22 10:04 PM |
ケルテス&バンベルク響のベートーヴェン:交響曲第2番/ハイドン:交響曲第45番《告別》
ケルテスが死の直前にバンベルク交響楽団の首席指揮者への就任が決定していたことも十分に理解できる。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/23 4:29 AM |
インバル&チェコ・フィルのマーラー:交響曲第1番「巨人」
いまや世界最高のマーラー指揮者として君臨しているインバルの勢いを、もはや誰もとどめることが出来ない。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/05/24 1:25 PM |
小澤&サイトウ・キネンのマーラー:交響曲第9番
古今東西の様々な名演の中でも十分に存在価値のある名演と高く評価したい。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/01 6:13 AM |
アバド&シカゴ響のマーラー:交響曲第2番「復活」
本演奏におけるアバドのエネルギッシュな指揮ぶりは実に凄まじい。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2012/06/25 3:03 AM |