CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< クーベリック&バイエルン放送響によるマーラーの交響曲(ライブ) | main | デュリュフレ:レクイエム >>
P.ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィルによるベートーヴェンの交響曲
評価:
ベートーヴェン,ヤルヴィ(パーヴォ),ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン
BMG JAPAN

評価:
ベートーヴェン,ヤルヴィ(パーヴォ),ドイツ・カンマー・フィルハーモニー・ブレーメン
BMG JAPAN

評価:
ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン ヤルヴィ(パーヴォ)
BMG JAPAN Inc.

ベートーヴェンの交響曲全集は何度も聴いていますが、SACDで全集を揃えてみたくなり、パーヴォ・ヤルヴィ指揮、ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ドレスデン(室内オーケストラ)による演奏を聴いてみました。

パーヴォ・ヤルヴィによるベートーヴェンは、以前NHK音楽祭のときに演奏した第5番がテレビで放映されたので、それを見ましたが、速めのテンポでまとめ上げた非常にスタイリッシュな演奏だったので、印象に残っていました。このたび全曲を聴いてみて、やはり非常に「カッコ良い」演奏になっています。

ビブラートなしのピリオド楽器的奏法を取り入れて、速めのテンポです。その中で、それぞれのフレーズをしっかりと演奏しており、単に鋭く斬り込むようなカッコ良さだけではない味があります。特に良いと感じたのは第5番や第7番ですが、マイナーな感もある2番、4番、8番あたりの曲も、聴いていて清々しくなってきます。

さて、ピリオド楽器による演奏のガーディナー盤を聴いたときは、第9番だけはどうしても迫力面で物足りない感じが残ったのですが、ヤルヴィによる演奏はこの点を払拭してくれました。第1楽章の速めのテンポは、フルトヴェングラー以来の「伝統的・一般的」な演奏に慣れていると、ややセカセカした感じにも聴こえてしまいますが、ここではあまり不満は感じさせません。第2、第3楽章もしっかりした演奏。第4楽章は、ブックレットの写真を見ると合唱のドイツ・カンマーコーアはわりと少人数のようで、言葉がはっきり聞こえてきます。最後の盛り上がり方も良く、物足りない感じはありませんでした。見事。

やり尽くされた感のある名曲中の名曲について、聴く者を感動させる名演を残すのはなかなか難しいことだとは思いますが、これは見事な演奏です。パーヴォ・ヤルヴィは活躍が期待されている指揮者なので、今後も良い演奏をたくさん聴かせてほしいと思います。

JUGEMテーマ:クラシック音楽
 
人気blogランキングへ
| ベートーヴェンの音楽 | 01:11 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 01:11 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1393
トラックバック
ヴィースバーデンのフルトヴェングラー 1949
プフィッツナーは1949年5月22日に80歳の高齢で世を去ったが、その追悼の意味でフルトヴェングラーがプログラムに組んだのだろう。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2011/09/22 8:29 PM |
ワインガルトナーのベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付き」
ベートーヴェンの交響曲に関心を持つ人にとって、フェリックス・ワインガルトナーは未だに無視できない。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2011/10/17 8:33 PM |