CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ヘンデル:詩篇曲「主は言われた」HWV 232 他 | main | テレビ環境のデジタル化 >>
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st
魔法少女リリカルなのはが劇場で公開。ということで、公開後わりとすぐに見に行ってきました。

前売券を持っていたので、それを使用。昨年末の冬コミなのはブースで売っていた分です。これ、薄いプラスチックを切り取って使わなきゃいけないような感じで、使うのがもったいない…… でも使わないほうがもったいない気がしたので、使っておきました。

あえて混んでいなさそうな平日の昼間に行ってみました。客層は大きいお友達ばっかりじゃない(笑)

話の内容はおおむねテレビ版第1期に沿った形になっていますので、ストーリーの大筋はわかっているわけです。となると期待したいのは、劇場ならではの迫力の戦闘シーン。みどころはやはり、なのはとフェイトが夜の街で派手に空中戦を繰り広げるシーンでしょうか。

映像的なみどころに加え、ストーリー面でも印象に残る見せ方がありました。多くの人は「なのはとフェイトの友情・絆に胸を打たれた」「2人の一途な姿が健気だった」というようなところに着目されるのかも。確かに2人の「友情」「絆」というのは重要な部分で、感動的なのは確かです。プレシアの自分に対する考えを知って、大きな衝撃を受けたフェイトが立ち直る時の見せ方から、フェイトがいかになのはに対して感謝し、大きな恩を感じているか、わかりやすくなっています。

そこに加え、わたしとしては、母・プレシアの苦悩・葛藤が掘り下げて描かれていたことが印象的でした。このお話は、過重労働の末に起こしてしまった災害により、自分の責任でよりにもよって娘の命を奪ってしまった母親の話でもあるのです。そりゃ精神的におかしくなります。プレシアのフェイトに対する振る舞いは独善的で、決して許されることではないのですが、一方でとても哀れです。彼女の苦しみを考えると同情を禁じえず、涙が出てきます。

そういうわけで、プレシアについて「中の人」五十嵐麗さんが語ったメガミマガジンのインタビューは、興味深く見ました。なのはやフェイトよりも、プレシアの生きざまに心を動かされるということは、テレビ版を見たときと比べると、自分自身も変わったということなのかな……

テレビ版を見たときは、魔法少女ものだったはずが、途中から時空管理局が出てきてSFっぽくなったので、それはそれで好きなのですが、どうもちぐはぐな印象もありました。テレビ版では中盤まで管理局の「か」の字も出てきませんから(笑) まあ、当時はいろいろ試行錯誤中だったのかもしれませんが…… 劇場公開するにあたって、ストーリーを総括的にとらえ、より完成度が高くなっていると思います。

そういうわけで、アクションシーンから人間ドラマまで、見どころのあるお話でした。いろいろなところで言われていることではありますが、「1st」ということは、「2nd」以降もあるんですよね…? 具体的な見通しはないにしても、続編を念頭に置いてのことだと思いますので、期待しておきます。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
人気blogランキングへ
| 魔法少女リリカルなのはシリーズ | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 21:21 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1329
トラックバック