CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ミラクル☆トレイン Episode 9「男達のミラクル☆トレイン」 | main | クリスマス中止……しない試み >>
聖剣の刀鍛冶 #10, #11
悪魔契約とは何なのか? 魔剣はなぜ生まれるのか? 対策会議の面々の話によると、どうやらヴァルバニルという存在が関わっているようです。ヴァルバニルはまさに神、ということなんでしょうか。

「神を殺せ」と唱える魔剣。魔剣はヴァルバニルを倒すためのものなのか? 魔剣は「悪魔」でもあるとのこと。この世界では悪魔契約によって生み出されたものはすべて「悪魔」と呼ぶのだと思われますが、そうすればまさしくリサも悪魔であるらしい。怨恨でリサを手にかけようとしたエルザの父は、力尽き、ミセリコルデを受けて果てました。

エルザの父をたきつけてルークのところへ向かわせたのは帝国のシーグフリード。彼はルークが悪魔契約でリサを生み出したと言いますが…… ルークにも実際のところはよくわからないようです。視聴者もよくわかりませんので、コメントのしようがなかったですが(笑)

会議に出ていた爺さんたちの話では、ルークが自身の左眼球を使って悪魔契約を行ったのではないかと。しかし悪魔契約は自身の心臓に刻まれた「死言」を唱えなければならないらしいので、ルークがそれを見たことがないのなら、悪魔契約はできないことに。

セシリーの説では、ヴァルバニルに捕らわれたリーザが、自分を犠牲にして悪魔契約を行い、ルークのそばにいられるようにリサを生み出したのではないかと。リーザはどうやって「死言」を見たのか? という疑問は残りますが、状況からすれば納得のいく話ではあります。……ところで、ここまで悪魔契約の詳細はあまり解説がなかったですが、ある程度契約を行った者の意思が反映されて、生み出された悪魔の姿や能力が決まると思っていいんでしょうか?

リサは、自分の姿がリーザにそっくりなのにも関わらず、リーザの記憶を受け継いでいないことから、ルークが自分のことをどう思っているのか、つねに不安に思っていたのでしょう。リサはリーザのかわりにはなれませんから。これまで一緒に過ごしてきたリサとルークの関係は、強く結びついているように見えますけど、お互い率直に向き合ったことはなかったのかもしれません。変化が訪れるとすれば、間に入るのは、セシリー。

リサが悪魔だと知って当惑し、避けてしまうセシリーでしたが、同じく悪魔であるアリアのさとし方が責めるような感じではなかったのが良かったです。

会議の席上で、ルークの名誉を汚す発言やスケベジジイの下ネタトーク(笑)にひとり憤慨して息巻くセシリー。ルークから退室を言い渡されてしまいます。このあと演説をぶって各国の面々を黙らせますが…… シーグフリードにいきなり斬りかかる行動といい、なかなかに大胆で恥ずかしい。いかにも、若さのなせる業、という感じでした。

セシリーが間に入ることで、リサとルークの見えないわだかまりが解消していくきっかけになりそうです。しかし、2人の間を取り持ったとして、自分はどうなるのかが問題ですね…… 「似ている」と言われても、リーザの代わりになれないのはセシリーも同じなんですから。リサとセシリーのこの点に関するジレンマは、ルークが何とかフォローしてほしいところです。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
人気blogランキングへ
| 聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 22:11 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック