CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オリジナルサウンドトラック | main | 魔法陣グルグル外伝 舞勇伝キタキタ 1 >>
シッコ (マイケル・ムーア監督)
---
ギャガ・コミュニケーションズ

最近のニュースで、アメリカの医療保険制度に関するオバマ政権の取り組みについて取り上げていたのを見て、本作を見てみようかと思いました。

アメリカには公的な医療保険制度がなく、任意で民間の保険に加入している人もいれば、無保険の人もいるわけですが、いずれにしてもこの映画で取り上げられている実例は悲惨。いつも治療する前にお金の心配をしなければいけない、保険会社は利益のために治療費を出し渋る、金が払えなければ病院からつまみだして置き去りに…… こうした異常な事態、アメリカは病んでいるなぁと思うのでした。

映画ではお隣のカナダ、英国、フランス、それにキューバの話も出てきます。わが国には健康保険や労災保険の制度があって、それなりの治療が受けられることは保障されているのですが、医療費が無料だというこうした国々に比べると、まだまだなのかなと。やはり財源です、問題は。映画ではそうした国の人が税金漬けになっていないかについて言及はありましたが、具体的なところまでは出てきませんでした。いろいろ問題はあるんでしょうけど、アメリカよりはましな気がします。

クリントン政権の時代にヒラリー主導で医療保険制度を改革しようという動きがあったものの、頓挫したようです。今回のオバマ政権でははどうなることやら…… アメリカ国民全体の安心に関わることですからね。

マイケル・ムーア監督の作品では、『ボウリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』を見たことがあります。今回のテーマはアメリカ国内の制度に関するテーマだったので、わが国にはあまり関係ないかも…… と思っていたのですが、アメリカは極端な例だとしても、他山の石とするには十分な内容でした。監督のドキュメンタリーの見せ方は非常にうまいです。仮想敵国・キューバに行く流れとか(笑)

キューバの病院で、無料で診察や検査を受けるアメリカの患者たちが泣き出すところを見ると、この人たちはこれまでどれだけ苦しんできたんだろう…… と思ってしまいます。そして、反マイケル・ムーアのサイト運営人の妻が病気になって、治療費がかさむため活動休止に追い込まれた時、匿名で小切手を送ってあげたというのも、イイハナシダナー(笑)

映画で出てきた言葉、
「国が豊かになれば、その分医療ケアの水準も上がるべきだ」
「アメリカは自由の国なのだから、妻の治療も、マイケル・ムーアへの言論による攻撃も、同時にできなければおかしい」
といったところには、共感するのでした。

JUGEMテーマ:映画
人気blogランキングへ
| 映画鑑賞記 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:03 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック