CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 地獄少女 三鼎 第二十四話「蜉蝣」 | main | 地獄少女 三鼎 第二十四話「ゆずき」 >>
機動戦士ガンダムOO #25「再生」
いよいよ最終回ですか……

リボンズが乗っていたのは、変形してガンダムになる面白モビルスーツでした。人間を支配することにこだわり続けたリボンズは、刹那とやりあってお星さまになったようです…… 他のマイスターたちにも見せ場がありました。

…と、本筋の感想は短めにして、今回のメインは後日談ですよね(笑) 連邦の改革が進み、アロウズは組織解体されたようです。会議場にはアニューのそっくりさんが…… 関係あるのかな? ソレスタルビーイングは、いざという時のために残るみたいです。簡単に言うと、

「わがままばっかり言ってるとソレスタルビーイングが来るわよ」
「悪い子はガンダムに連れてってもらっちゃうぞ」

という効果を期待しているんですね(笑)

後日談はキャラごとに書いていった方がやりやすいので、そうしてみます。

・刹那
マリナも手紙で言っていたんですが、彼の生き方としては、戦うことしかできないんでしょう。彼が「しかるべき罰を受けるとき」というのは、戦いに斃れるときなんでしょうか? いつになることやら(笑)

・ロックオン
あの世で家族やアニューが待ってるんですが、死んでしまった人たちのためにも戦いはなくさないとという気持ちがあるようです。

・ティエリア
ヴェーダにその意思は宿る。そして人類を見守り続ける…… ティエリアはこういう終わり方になるんじゃないかと思っていました。エヴァ初号機に魂だけ残ったお母さんを思い出す、そんな世代なので…… ちょっと切ないですね。

・アレルヤとマリー
「マリー……」「アレルヤ……」「マリー……」「アレルヤ……」
この2人はこれでいいんじゃないでしょうか(笑) マリーとはラブラブ甘々、そして時たま現れるソーマには足蹴にされてSとM。そんな日々…… 同人誌が出そうですね(笑)

・マリナ
復興したアザディスタンで要職にあるようです。結局この人は一度も武器を手に取らず、積極的に戦おうとはしませんでした。でも、マリナはマリナなりに戦っていたんだと思います。連邦に捕まったり、何度も死にそうになったり、いろいろと不幸な目に遭いましたが、そのことで誰かを恨んだり憎んだりはしなかったんですから。いいお相手が見つかるといいですね…… って、マリナはたぶんアザディスタンと結婚することでしょう(笑)

・沙慈とルイス
ルイスの病気の進行は止まったようです。この2人は、このまま穏やかに暮らしていってほしいところ。沙慈が話していた内容が、おそらくこの作品のメッセージなんでしょう。それは下で述べます。

・武士道
アロウズ司令だったホーマー・カタギリは、組織とともに殉死。いつの時代ですか…… 生きていても戦犯として裁かれたことでしょう。武士道とは死ぬことと見つけたり、ですか。一方のグラハムは、ちゃんと生きているようです。果たし合い以外に生きる道を見つけたんでしょうか?

・アンドレイ
親父を殺してしまった上に横恋慕していたので、ろくな死に方はしないんじゃないかと思っていましたが、結局生き残ったようです。そして両親の遺志を継ぐと。でもつい先ごろまで「平和を乱す奴は皆殺し」と言っていた組織に率先して参加していたんですよね。意識の変化があったとすれば、マリーとの対話の描写だけでは足りないような気がしますけど……

・マネキンとコーラサワー
やっぱり生きてたのねこいつ…… コーラサワーなら「実は生きていました」という展開になっても許せます(笑) それでもってマネキン准将とご結婚。一番おいしいところを持っていきやがりましたね(笑) 今後尻に敷かれるんですね。よくわかります。

そして…… 出た! ロボットアニメで定番の、「続きは劇場版」商法(笑)

●まとめ
2シーズンにわたってやってきたシリーズもこれで終了。全体的に振り返ってみようと思います。

「戦争」について正面から描こうとする作品を見るときには、戦争をなくすためにどんな手段がとりうるのか? どうればいいのか? それを提示することができるのか、興味深く見るところです。戦争根絶を果たすため、武力介入を行うというある意味強烈なやり方を示して始まった本作ですが、最後に残ったのは以下の方式でした。
々餡箸粒精を超えて世界を統一する組織を作り、軍事力はそこが保有する
△い兇箸い時のために超法規的な独立愚連隊みたいな奴らがいて、戦争を始めようとする奴に報復する
これは、決して目新しい案ではありませんし、この方式の欠点も分かっています。
・「独立愚連隊」が独善に陥らないよう担保する方法がない
ということです。実際、リボンズはそうなっちゃったわけですし。

それに、現実の戦争はアレハンドロやサーシェス、リボンズ、アロウズのように悪の権化のようなわかりやすい敵が存在するわけではなく、泥沼に陥るものです。もっと構造的な根深い問題が原因なので。その場合、何と戦えば平和が訪れるのかわかりません。

戦争をテーマに作品を作るというのは非常に難しいことであって、目の覚めるような戦争根絶案を提示することは困難なのかもしれませんけど…… やはりなんだか物足りない感じは残りました。GN粒子とか、脳量子波とか、そういう超常現象的なものがなければ解決できないとは思いたくないですからね(笑)

ただ、作品のメッセージは、最終回で沙慈が語ってくれております。
現実を見よ。世界を見よ。考えろ。
これです。本当は沙慈に具体的なことを言わせるんじゃなくて、もっと視聴者におのずからそう感じさせるのがいいんでしょうけど…… 視聴者は「アニメをエンタテインメントで見ているんだ。そんな教条主義的なことは言われたくない」と思っちゃいますからね。しかし、日曜の夕方に、寝っ転がりながら、フィクションとしての戦争をエンタテインメントとして描いたアニメを娯楽として見ているということ自体、平和なんだなあとも思いますが。

わが国の場合、現在の平和は戦って勝ち取ったものではなくて、戦争で負けて与えられたものなので、平和というものに対する意識が薄く、沙慈が言っていたことも当を得たものであることは確かなんでしょうね。アニメで言われるようなことかどうかは別として……

そういうわけで、戦争の描き方とか、キャラの考えに共感できないところがあったりとか、話の流れに無理があったりとか、いろいろまずいところはあったとは思いますが…… かなり意欲的な試みだったことは違いないでしょう。興味深かったのは確か。

最後に、勝手にお気に入りキャラランキング。
1. マリナ・イスマイール
本作一の良心。昨今のヒロインキャラにはない良さがあると思います。眉間にしわを寄せて、不幸そうな顔で「刹那……」とつぶやくのがいいですよね(笑)

2. ソーマ・ピーリス/マリー・パーファシー
一期では何も引っかからなかった彼女。今期はすっかり「乙女」になってしまって…… どっちかというとソーマが好きですが、二面性があるというのも萌え要素になるのでは(笑)

3. グラハム・エーカー/ミスター・ブシドー
刹那もビビる、ガンダムマニア。その変態的偏愛ぶりに、敬意を表して…(笑)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 
人気blogランキングへ
| 機動戦士ガンダムOO(終) | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 22:45 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック