CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 地獄少女 三鼎 第二十二話「華と月」 | main | 地獄少女 三鼎 第二十三話「日暮れ坂」 >>
機動戦士ガンダムOO #23「命の華」
リジェネの天下は短かった…… というか、一瞬で終わっちゃいました(笑)

リジェネはリボンズを射殺したものの、もう一人リボンズが出現。彼に言わせれば、ヴェーダと意識が一体化していて、肉体は入れ物に過ぎないのだとか。結局リジェネもサーシェスに撃たれておしまい。

カタロンとソレスタルビーイングに加担して、アロウズを「断罪」する連邦軍のマネキン大佐。スメラギの話に対し、「勘違いするな」と応答。典型的なツンデレ回答じゃない(笑) アロウズは旗艦が沈んでガタガタに。グッドマン准将が乗っていた艦ですね。艦隊戦は、見ごたえがありますね…… そこへ月の裏側から、敵味方顧みない砲撃が来たものだから、アロウズはほうほうの体で逃げ出したようです。

月の裏側に、どでかい物体が出現。外宇宙を航行できるのだとか。イオリアが言っていたという「来たるべき対話」というのは、やっぱり人類以外の文明との対話であるようです。その艦から、特攻兵器がうようよ出てきて…… イノベイターはこういうところが怖いんです。リボンズの「肉体は意味を持たない」という認識からして、命を軽視する考え方につながっているようです。

ドサクサでコーラサワーの乗った機体も破壊されて…… 大佐…… やっぱりなんだかんだ言って、彼は憎めない奴でしたよね…… コーラサワーなら、このあと「実は生きてました」という展開になっても、許せる気がします(笑) でも、死んじゃったほうが、マネキンも恋人を死なせたクジョウの気持ちが、わかるんじゃないでしょうか。

サーシェスにルイスも出てきて、因縁の対決が繰り広げられております。オートマトンを率いてプトレマイオスへ侵入したのは、ビリーでした。女に逃げられた男の恨みは、恐ろしく惨めですね…(笑)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 
人気blogランキングへ
| 機動戦士ガンダムOO(終) | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 23:16 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック