CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 機動戦士ガンダムOO #21「革新への扉」 | main | アルベニス:イベリア、スペイン組曲 >>
地獄少女 三鼎 第二十一話「うしろの正面」
今回のお話は、とても「地獄少女」らしい、見る者に考えることを求める内容でありました。

小学生の菊池海斗。父親の再婚相手は、自分が身ごもると、継子いじめに及び、海斗に対して虐待を働いているのであった…… 最初はやさしいお母さんだったのに。なんだかリアルによくありそうな話で恐ろしくなってきますが…… 父親もそれを知って、見ぬふり。妻もわが子も大事だし、自分の立場も守らないといけないので、どうしたらいいかわからなくなっちゃったんでしょうか。

でも、まだ幼い子どもが大人の暴力にさらされて、誰からも助けてもらえず、それでもなお家庭の事情を察して耐えている姿。それを放っておくのはあまりにも酷。ゆずきもそう思ったのでしょう。地獄流しを止めたいというのが一番ですが。

地獄とは、人の心に存在するもの。あいはありのままをゆずきに見せるのでした。父親は海斗を亡き者にしようとし…… 思いとどまりましたが、海斗は結局地獄流しを敢行。彼の妹は、生まれてくる前に地獄へと送られたのでした。そして家族は元通りに……

このケースの怖さは、胎児がいなくなったというだけで、もろもろの事情が(少なくとも外見上は)解決してしまったところです。それって、全部お腹の中の子がいけなかったってこと…? すでに人生を送っている人間たちは、生まれていない命にすべて責任を負わせて…… 恨みを地獄に流して…… 何事もなかったかのようにしてしまいました。きっとすでにこの世で生活している人を地獄に流すよりも、罪の意識は小さいのでしょう。

さらに、これまで「地獄流しはむなしい。何にもならない」という点を色濃く映し出す事件も数多くあったわけですが、今回の場合は、問題が解決してしまいました。未来志向の、建設的な地獄流し…… そんなものが果たして存在するといえるのかわかりませんが、「地獄流しを無益なものとして完全に切り捨てることができるのか? 人の心の闇はそれで解決するのか? 幸せって、何なのか?」という問いかけを、強く打ち出しているように思うのでした。

この家族が、自らの罪深さに気づくのはいつなのか? 母は子にひどい仕打ちをし、父は実の子を手に掛けようとし、子は妹を地獄へ流した。ただ今は、降り積もる雪がそれらの罪を覆い隠してくれるだろう…… 輪入道の詩的な表現が、珍しく決まったのでした(笑)

そして海斗たちが幸せそうな家族に戻ったのを見て、ほほ笑むゆずき。これは、今まで地獄通信を必死に否定してきた彼女が、結果としてある程度は地獄通信の意義を認めたことになるのでしょうか。これも、「人の心の地獄」なのか……

それにしても、胎児を地獄に流すなどというのは、科学技術の進歩で生まれる前に赤子の性別がわかり、名前をつけていたからできたことでした。興味深い時代……

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
人気blogランキングへ
| 地獄少女 三鼎(終) | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:11 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック