CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 学園アリス 16 (16) (花とゆめCOMICS) | main | DVD付き初回限定版『スクールランブル 21巻』 (プレミアムKC) >>
キミキス pure rouge #24 …… and meet again

最終回だけ本放送を見られなかったので、今さらですが配信で見ました。


瑛理子は一輝の前に現れないまま、姿を消してしまった…… 探し回る一輝。祇条さんにも「いつも探してますね」みたいなことを言われております。化け狐のコスプレ。耳が似合ってますよ(笑)


一方光一のほうは、「最後の1日」を結美と過ごすものの、心ここに在らずといった感じ。結美もそのことがわかってますからね。厳しい…… 光一が忘れ物を取りに行ったところで、摩央姉登場。結美を抱きしめて、「光一をよろしく」だってさ。悪気はないんでしょうけど、なんだかプレッシャーですよね…… ここで結美は身を引くはめになるのでは、と思いましたが……


逃げ出した瑛理子のところに、明日夏がバッタリ。明日夏も惚れた男の好きな相手にいろいろ言うのは、正直心中穏やかじゃないところもあるかもしれませんが、明日夏も瑛理子のことは嫌いじゃないんでしょうね。明日夏はいい人だなあ…(笑)


恵は柊なの…? ちょっとデレてます(笑)


結美が身を引くのかと思ったら、光一のほうから彼女を振りにかかるとは…… まあ、結美も光一の口から直接ちゃんと聞きたかったんでしょうから、これでよかったんですよね。うやむやにされるよりは。よかったということはないか…… かなり重い約束を反故にしちゃったんですもんね…… 祇条さんやなるみ・菜々と仲良しになったのは、やっぱり「光一に振られても大丈夫フラグ」だったのね(笑)


そして1人屋上にのぼっていた瑛理子のところに、「待った?」とか言って現れる一輝。何だそりゃ(笑) 瑛理子は結局、いつ裏切られるかわからない、人との付き合いが怖かった、ということなんでしょうか。そして自分の気持ちが理解できないのもイヤだったと。
「好きになっても、いいの?」
嗚呼、何とありがたく、隔世の感のある言葉でしょう(笑)


光一は結美を振って、摩央姉に自分の気持ちを告白。摩央姉はやっぱり固辞! でも押す光一! まあ結美のことは振っちゃったので、後には退けないですし…… それで摩央姉とキス。「キミキス」だしね(笑)


……とまあこんな感じだったのですが、お話を振り返ると、全体の主人公は摩央、と読める構成でしたので、摩央と光一がくっついたのは妥当な線でした。結美には気の毒ですけど…… それぞれの人物の心情変化を丹念に描写している感じがして、非常に丁寧なつくりでした。最後まで誰と誰がどうなるのかわからない、というのも貴重かも……


しかし…… 摩央姉も結美も、瑛理子も明日夏も好きですけど、個人的には摩央姉より結美、瑛理子より明日夏がより好きだったので、いささか腑に落ちず微妙に後味の悪い結果となりました(笑) ま、でもおもしろかったですよ。良い作品でした。


そしてDVDには「特別編」なるものが収録されるのね。恵のお話…… 確かに恵は本編ではあまり出番がなかったですからね…… 柊とのはなしもちょっと唐突な感じはありました。そのあたりがフォローされているんでしょうか。見たいかも。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
人気blogランキングへ
| キミキス pure rouge(終) | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 23:42 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック