CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 深夜アニメは無くとも、そろそろ復活、か…… | main | NAXOSのバッハ「ロ短調ミサ」2録音聴き比べ >>
リリカルなのはStrikerSとなのはシリーズの魅力
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.9
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.9

今さら…… という感じですが、リリカルなのはStrikerSを前編見ました。ちゃんとDVDを全巻買って。時宜を逸しているので細かいところにまで言及しませんが、ちゃんと大団円で、よかったね! ということで…(笑)


さて、自分の場合はStrikerSが始まる直前くらいに「無印」と「A's」を見たので、古参のファンからすればまだまだなのかもしれませんが、あえてここでリリカルなのはシリーズはどんなアニメなのか? と考えてみようと思います。新作アニメが見にくい環境下では、リリカルなのはあたりを追究するしかないのか……


なのはシリーズはそれぞれ全編通して見ると、燃える展開で盛り上がり、それなりに感動もできるつくりとなっています。でもストーリーの構成としては、ひとつの作品として見た時に、果たしてそれでいいんだろうか…… と思われる部分もないではありません。


例を挙げると、無印ではそもそも変身魔法少女ものとして始まりながら、最後は完全にSFになっちゃっているわけです。今でこそ組織の中で働く魔法少女…… という新しいジャンル(?)を確立しておりますが、話の持っていき方としてはどうかと。これが当初からの規定路線なのか、都築氏の世界観が大展開した結果なのかはわかりませんけど…… ほかにも、伏線と思ったのが実は関係なかったり、必ずしも本筋ではない部分に話を割きすぎたりしている部分があるように思われます。


ストーリーを理屈で分析するとそんなふうにも見えるのですが、おもしろいんですよ、このシリーズ。なぜかというと、やっぱりキャラクターの魅力でしょう。キャラクターが立っているんです。StrikerSなんか、キャラがかなり大人数に及んでいますが、名前を間違えることはないですからね……


この作品では、キャラの背景がしっかりしています。みんなそれぞれ思うところがあって、自分たちの正義や信念を貫いていくので、見ているほうでも共感がもてます。みんな非常に誠実でいい人なんですよ。とにかくキャラクターが動いているところを見たいし、見ているだけで楽しいんです。それが人気に繋がっているんじゃないでしょうか。StrikerSの放送が終わってずいぶん経ちますが、まだ同人誌の新刊が出続けていますからね。キャラが立っている本作は、二次創作にうってつけなので。


思うに、都築氏はキャラクターの構築に関してはかなり秀でているんじゃないかと。一方で、ストーリーの構成に関してはいささか「?」という感じもしますけど…(笑)


このシリーズに関しては、スピンオフや続編がいくらでも作れそうですからね。でもStrikerSでは管理局システムそのものの危機を描いたので、これ以上大きな話はやりにくいでしょう。魔法少女も管理職…… 続編をやるとすれば、なのはたちが中学生くらいのときの話をするのが無難でしょうかね。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
人気blogランキングへ
| 魔法少女リリカルなのはシリーズ | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 22:46 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1135
トラックバック