CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 超名盤! リヒター指揮・バッハ:ロ短調ミサ曲 | main | バンブーブレード 第22話「敗者と勝者」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気blogランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
ショスタコーヴィチ:交響曲第14番「死者の歌」
アシュケナージ(ヴラディーミル),ロジャーズ(ジョーン),レイフェルクス(セルゲイ),ショスタコーヴィチ,NHK交響楽団
ユニバーサル ミュージック クラシック

ショスタコーヴィチ作曲の交響曲第14番「死者の歌」を聴きました。アシュケナージ指揮、NHK交響楽団による演奏です。アシュケナージとN響の組み合わせは毎週「N響アワー」を見ているので馴染み深いです。ショスタコーヴィチ生誕100年だった2006年の録音。


この曲はソプラノとバスの独唱・二重唱で進んでいくので、「交響曲」というよりは、オーケストラ伴奏による歌曲のような感じです。マーラーとかがやっていた手法ですね。でもこちらの楽器編成は小規模な弦楽合奏と数種類の打楽器のみ。それでいて非常にドラマティックで豊かな表現で魅せてくれる曲です。


特に、第2楽章から第8楽章までのアポリネールによる詩の部分が聴きどころ。打楽器が効果的に使われ、チェロ・コントラバスの低音が劇的に響いてきます。第2楽章「マラゲーニャ」から第3楽章「ローレライ」へのつなぎなど、非常にうまいと思いました。


ショスタコーヴィチの交響曲といえば、スケルツォ楽章のひねくれた雰囲気、だと個人的には思っています。この曲にはスケルツォはないですが、諧謔的な曲を書かせたら、ショスタコーヴィチの右に出るものはいない(笑) 第5楽章「覚悟して」〜第8楽章「コンスタンチノープルのサルタンへのザポロージェ・コサックたちの回答」あたりにその雰囲気がよく出ています。第11楽章の終結(オチ?)も圧巻。


ショスタコーヴィチの声楽つき交響曲はほかにもありますが、終始陰鬱な第13番「バビ・ヤール」よりもこちらのほうが聴きやすいかもしれません。各楽章も手ごろな長さですし…… タイトル通り「死」を扱った深刻な曲なのですが、非常におもしろく聴くことができました。


JUGEMテーマ:音楽
人気blogランキングへ
| 生誕100年ショスタコーヴィチ!特集 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:02 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
晩年のマーラーを本当に苦しめていたもの
晩年のマーラーを苦しめていたのは、愛妻アルマのあからさまな不倫だった。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2008/03/10 2:32 PM |
アバド/ルツェルン祝祭管のマーラー交響曲第3番(BShiの放送)
BShiで放送されたクラウディオ・アバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団のマーラー交響曲第3番に感銘を受けたので記す。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2008/03/15 11:32 PM |
F=ディースカウの「さすらう若人の歌」
こまやかな情感を引き出す語り口の見事さ、美しさ、それによる旋律線に弱体化のないことが、唯一無二の名演たらしめている。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2008/03/21 10:15 PM |