CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 閏年の2月29日に記事を投稿して記念にする企画 | main | ヴィヴァルディ:フルート協奏曲集 第1集 >>
キミキス pure rouge #20 uncontrollable

みんなの気持ちも制御不能、ですか…… 光一の前から逃げ出した摩央に対して、自分の心境を話しながら優しく語りかける甲斐くん。何回も言っていますが、なんていい奴なんだ…… 結婚してください(笑) まあ、元はといえば、摩央のほうから近づいていった関係でしたから、ひどい話ではあるけれども…… 何か甲斐くんにいいことがあってほしいですね(笑)


やっぱり結美は、摩央姉の気持ちに感づいたようです。そして光一もまんざらではないんだろうと思って…… 光一に気持ちを確認しようとしますが、途中でやめちゃいます。まさか、身を引こうとか思ったりしないですよね…… そうこうしているうちに、摩央姉が家を出て行くとか言い出しました。結美も摩央姉もいなくなったら、光一はどうするんでしょうか?


で、一輝のほうは、映画のセリフにインスピレーションをうけたのか、瑛理子への接近を継続…… という書き方をすると不審な印象になりますが、周囲からするとそうかもしれないですしね(笑) でもさすがに衆人環視の食堂で勝負を挑むのはどうかと思いますよ…… おかげで二見さんは恥ずかしくて学校に出てこられなくなったじゃない! まあ、周囲からはそういう解釈もあるんじゃないかと。


柊に「決め台詞が足りない」という妙な指摘を受けて、自宅で練習に励む一輝でした。映画の台本をパクッたセリフだとあとでばれたらカッコ悪い気もしますけど…… 菜々はお泊り。これは相原邸で何かが起きるフラグですか?


そして一輝は、花束を携えて二見さんちに赴くのであった…… それを発見して狼狽する瑛理子。インターホン前での一部始終を一輝は見られていたのでした。なんかいろいろ恥ずかしすぎる…… このまま放置しとくとほかの人の迷惑なので(笑)、階下へ出て行く瑛理子。そりゃ一輝も動揺しますよ…… おかげで練習したセリフもバッチリ滑りましたよ(笑) でも「俺、バカだから」という別の決め台詞が決まったので、よしとしなければ…… ちょっと卑屈(笑)


あの仏頂面の二見瑛理子を、笑わせ泣かせた一輝。人の気持ちは変わるものかもしれないですが…… それだけが真理じゃないですから。なんかこの2人には入り込めないような感じになっちゃいましたね。1人浮かれる明日夏が痛々しい…… なんだかエヴァ第拾八話でトウジが大変なことになっているときに弁当作っているヒカリのシーンを思い出してしまいましたよ。このままでは明日夏に勝ち目は全くない…! それはもったいないと思いますが、すべては明日夏のあずかり知らぬところで起きているのでした。嗚呼……


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
人気blogランキングへ
| キミキス pure rouge(終) | 12:07 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 12:07 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
キミキス pure rouge 第20話「uncontrollable」
「お前が落ち着くまでここにいる」 いや〜〜ん、カッコいいわ〜〜。 惚れる〜〜。 あまりにカッコいい甲斐栄二に痺れまくりです。 でもこういう男って、利用されるだけ利用されて「いい人」で終わっちゃうんだよね(笑) 実際この作品でもそうだし(笑) 甲斐
| シバッチの世間話 | 2008/03/01 10:28 PM |