CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ドリーブ:バレエ組曲「コッペリア」(全曲)・「泉」(組曲) | main | グローフェ:組曲「グランド・キャニオン」他 >>
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.8

DVD第8巻を入手。
第22話「Pain to Pain」
第23話「Stars Strike」
第24話「雷光」
の3本です。なお、テレビ放送は見ていないので初見のお話です。


流れとしては、劣勢と思われたところから一気に挽回! といった感じでしょうか。スバルは、ギンガ相手に意識を失うまで追い込まれますが、マッハキャリバーのアシストで盛り返し、ついには「エクセリオンモード」で勝利。なのはさんと同じモードですか(笑) ギンガの状態はよくわかりませんが、たぶん大丈夫でしょう。


エリオとキャロは、ルーテシア相手に説得。まあでも、ここまで説得するんなら以前からもうちょっとルーテシアと関わりがあったほうがいいと思うんですけど。召喚獣対決はスケールでかすぎ(笑) エリオもガリューを倒してますね。強くなったもんだ……


スカリエッティに捕まった…… というか、縛られちゃったフェイトさん。出自の件から気の迷いがあったようですが、エリオとキャロに勇気づけられて奮起。エリオから「フェイトさんの面倒はちゃんとみます」みたいなこと言われて、落ち込んでいられませんからね(笑) 真・ソニックフォームは10年前より露出度上がってるみたいですけど…… 二刀流のライオットブレードはカッコイイです。これでスカリエッティは逮捕ですか。しかし、ヴェロッサの「頭の中を査察」っていう言い方がね(笑)


さて、面子の中でも一番のピンチに置かれていたと思われるティアナが、やってくれました。相手の連携を読みきって攻撃を防ぎきり、頭部に当ててノックアウト。なかなかうまく立ち回りましたね。ティアナはやればできる子(笑)


ヴァイスは過去のトラウマから立ち直って、ティアナを助けました。「お兄ちゃん」って言っていたラグナは、妹なの…? 男同士語り合うヴァイスとザフィーラが妙にカッコ良かった(笑) そのザフィーラもシャマルと一緒にオットーを捕まえました。重傷だったこの2人が活躍してくれて良かったですよ。


シグナムはゼストにいったん退けられたものの、ゼストを追ってレジアスのところへ…… ゼストはスバルママの上司だったんですか。そしてそこにはルーテシアの母親も…… なんか因縁深いです。結局レジアスも、地上を良くしようと思ったけれど駒として利用されてしまったと。最期はドゥーエに後ろからやられちゃうし…… かわいそうな奴だったのかもしれません。でもドゥーエはすぐやられちゃうのね(笑)


さて、玉座へ赴くなのはさんに不意打ちをかけるディエチでしたが、これは瞬殺。誰もなのはさんにはかなわない…… 「本当に人間か」と言いたくなるのもわかりますよ(笑) そのなのはさんの前に立ちはだかるのは、なんとヴィヴィオであった…… ヴィヴィオがおっきくなっちゃった(笑) ラスボスはヴィヴィオとクアットロですか…… クアットロとディエチの会話を聞くと、同じ戦闘機人とはいえ考え方とかは違うようです。クアットロは腹の立つ眼鏡(笑) あ、眼鏡とって髪も下ろしてましたね。戦闘機人全員にスカリエッティのコピーが仕込まれているって、なんか変態的でヤですよ(笑)


敵に囲まれてピンチだったヴィータは、言及なし…… たぶん大丈夫でしょう(笑) はやてはろくに出番なかったですが、きっと最後の最後に活躍してくれるはず…!


今回の話の感想を見てみると、作画のまずさを指摘する意見が多かったのですが、DVDで見る限りはそんなに気にならなかったですね。やっぱりだいぶ修正が入っているんでしょうか。映像特典で声優さんたちがシグナムのこと「お父さん」と呼んでいましたが、なるほどと思ってしまった(笑)


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
人気blogランキングへ
| 魔法少女リリカルなのはシリーズ | 16:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 16:18 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1112
トラックバック