CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< キミキス pure rouge #16 stand in | main | バンブーブレード 第18話「大会とその後の室江高」 >>
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.5

中盤の第5巻は、
第13話「命の理由」
第14話「Mothers & Children」
第15話「Sisters & Daughters」
の3本。


ルーテシアと一緒にいる小さな娘、アギトの過去。髪型が違うと雰囲気が全然違います。同じく小さなリインに対抗心を燃やしております。


六課が保護した女の子はヴィヴィオっていうのね…… なのはさんに懐いちゃいました。でもお子さんの扱いにはフェイトさんの方が慣れておられるようす。甥っ子姪っ子がいる…… というのはクロノのところの話ですよね。二児の父ですか…… そのヴィヴィオについて、プロジェクトFとの関係に思い当たるエリオ。エリオ自身にも出生の秘密がありそうです。


六課の設立には「真の理由」があったんですね。将来をある程度予測できるというカリムの能力によると、管理局の組織と制度自体が危機にさらされるようなことが起きるのだと。その際に前線で持ちこたえるために作られたということです。仮に何も起こらなくても、スムーズに切り捨てることができるような構成になっているというわけです。管理局の本局と地上部隊の微妙な関係も含めて、かなり政治的な理由が絡んでいるようす。


そんな部隊の責任者となり、重責を負いながらあまり評価されなさそうな任務にすすんで就いているはやて。彼女にはまだ「闇の書事件」の影がのしかかっているんですか…… 事件自体ははやてのあずかり知らぬところで進んでいたので彼女を非難することはできないんですが、はやて自身は自分に道義的責任があると感じているんでしょう。アコースから「生き急いでいる」という指摘が出ていましたが、無茶はしないでほしい……


管理局の沿革について。フェイトの話によると、この世界は基本的に質量兵器を使わなくなっているようです。つまり銃砲火器や爆弾とかはないということですね。かわりに高度に制御された魔法を使うという方向へ。一方、レジアスが配備しようとしているのは「高度なスキルがなくても使える」ということなので、質量兵器に近いものなんでしょうか。「誰でも使える」という汎用性を突き詰めると、エリオが言っていたように「子供にも使える」となるわけですが。


先の戦闘に現れた、戦闘機人。「戦闘機人事件」というのが、スバルたちの母親の死に関わっているようです。そしてギンガも六課に合流。スバルとの拳を打ち込みあう模擬戦は非常に熱い(笑) 隊長格4人とやりあうハードぶりに、ギンガも面食らっております。これだけ訓練すれば、六課も強くなりますって……


身寄りの無いヴィヴィオは、なのはさんが母親代わりに。さらにフェイトさんが後見人となりました。ママが2人もできました。というか、魔法少女なのはもついに母親(笑) ただ、早くもフェイトと教育方針を巡って相違が。父母の争いみたいです。ヴィヴィオを助け起こさないなのはでしたが、いきなりはちょっと厳しくない…? しかし、本当に2人の実の子のようです(笑)


DVDに付属のサントラ。1巻にもついていましたが、5巻の方はわりと短調系のノリの良い曲をまとめた感じです。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
人気blogランキングへ
| 魔法少女リリカルなのはシリーズ | 09:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 09:31 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1098
トラックバック