CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< キミキス pure rouge #14 summer holidays | main | 新年開始アニメ・第2話までの感想【富山が熱い】 >>
ひぐらしのく頃に解 第24話 祭囃し編 其の拾壱「オシマイ」

対戦車武器まで持ち出した山狗でしたが、葛西の射撃と防弾車で突破。園崎家の人材はいったいどうなっているんでしょうか(笑) 街へ出た富竹は、状況を報告して番犬部隊が出動する運びとなりました。この時点で鷹野たちの負けは決定。それでも赤坂・富竹は戻ることを決心。梨花ちゃんがいますからね。このまま逃げる手はないですよね(笑)


しかし往生際の悪い鷹野は、自決用の銃を渡されても最後まであがくのね…… 鷹野もこうなると哀れです。羽入に向けて発砲するものの、弾丸はそれてあらぬ方向へ。「意志の強さは弾をも曲げる」ってやつですか?(笑) 鷹野は拘束されそうになりますが、感染者である疑いがあるということで入院。赤坂も戻ってきて…… 赤坂は妻帯者ですから(笑)


今までのことを振り返ると、綿流し祭を心置きなく楽しめるのは初めて。なかなか感慨深いですね。梨花は今回は死ななかったので、もう繰り返すことは無いんでしょう。そして最後は…… なかなか意味深ですが(笑) そもそも美代子が両親と死別しなければ、雛見沢の惨事は起こりえないと。まあ、「症候群」にこだわってことさら掘り起こす人がいなくなるわけですから、そうかもしれません。


●まとめ
まず「解」についてみると、前シリーズだけでは謎が残ったままなので、ちゃんとTVアニメで決着をつけたという点はよかったと思います。あいにく中京地区では放送中止の憂き目を見ましたが…… 画も前シリーズに比べると良くなっていたんじゃないでしょうか。お話の盛り上げ方とかは、まだ一考の余地があるかも。「解」の主人公は、間違いなく梨花でした。


謎解きを勘案しながら、前シリーズも含めて振り返ります。
・鬼隠し編
これは完全に圭一が感染して暴走したということでした。でもすべての恐怖はここから始まった…… 閉鎖的な村社会や、誰かに監視されているかもしれないということへの不安は、人がヒトに恐怖する、ということをよく表していた感じがしました。

・綿流し編、目明し編
狂気の詩音が大活躍(笑) 双子入れ替わりという、古典的なトリックがうまいこと混乱を呼んだのでした。「大災害」に関わらない部分では、中核をなす話でしょう。

・暇潰し編
梨花ちゃんと赤坂の関係について(笑) 解決編で赤坂が戦力として登場するのなら、この伏線は必要でした。

・祟殺し編
「大災害」が出てきたのはこの話が最初。沙都子への虐待、そして叔父を撲殺した圭一でしたが、死体が消失…… そういえばこのトリックはまだ明らかではないですけど…… 「罪滅し編」のときのように、部活の面子が密かに移動させた、ということでしょうか?

・罪滅し編
今度はレナが暴走。でも圭一の尽力でうまく収まりそうな感じでした。このへんから、「仲間を信じ、相談して協力することの大切さ」という本作の主題のひとつが出てきます。そして、「サイカイ」へ。

・厄醒し編
梨花の焦燥と失望、無力感を描写するという意味では、それまでに無かった感じでしたが、筋としては…… この話は必要だったのかな?(笑)

・皆殺し編
メインは、沙都子の救出。村全体がまとまって大きなうねりとなっていくお話でした。そしてついに「繰り返している」梨花の秘密と、諸悪の根源の存在が明らかに……

・祭囃し編
鷹野の恐ろしい計画を阻止。これまで大きな力に対抗できず沈んでいかざるを得なかったことを考えると、爽快ですらある展開となりました。鷹野の境遇を描くのに割きすぎな感じもしましたが……


こうして振り返ってみると、超現実的な「症候群」なるものが存在することによって、謎解きはかなり困難だったように思います。梨花の特殊体質が関わっていた「オヤシロ様の祟り」や「大災害」は特にそうですし、狂気に症候群が関わっていたそれぞれの事件も、動機を解明するという点がネックでしたから。このお話は謎解きをしよう、と意気込むんじゃなくて、純粋にストーリーを楽しむべきだった、ということでしょうね。


ほぼ一年間に渡ってシリーズを見てきたわけですが、やはり最初に感じた不安と恐怖は結構衝撃的でしたから、他とは一味違う作品であったことは間違いないでしょう。展開の見せ方とか、もうちょっと改善の余地はありそうですけど…… そして第3期もあるんですね。一応一連の事件は解決を見たはずなんですが、今度は何があるんでしょうか? どうせ東海テレビでは放映されないでしょうけど(笑)


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
人気blogランキングへ
| ひぐらしのなく頃に解(終) | 00:21 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:21 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
駄作?迷作? 「ひぐらしのなく頃に」 →壮大というよりは長文...
●長文にわたる茶番劇「ひぐらしのなく頃に」のスケールを大きいと言えるかは疑問がある。作家という個人が、緻密で精細な世界観を文章にし、その幅が広ければ「壮大なスケール」ということもできる。だが、穴だらけで雑な世界観が延々と繰り広げられる長文を壮大という
| 眞鍋かとりのココだけの話 | 2009/05/02 11:51 AM |