CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< School Rumble Vol.19 (19) (少年マガジンコミックス) | main | 【MF文庫J】ゼロの使い魔12 (MF文庫 J や 1-14) >>
キミキス pure rouge #11 tear drops

「かくれんぼをしたことがない」2人の人生に、思いを馳せる…(笑)


深月のお家にロケハンに行く一同。瑛理子も行くのね…… 意外です。「断る理由はない」とか言っていますけど、乗り気かも。で、祇条さん家は非常に大規模な豪邸です。いったい棟がいくつあるんでしょうか?


敷地内を見て回る一同。瑛理子は温室の花の種類について解説。でもたぶん、綺麗なお花に興味があるから詳しい、というのではなくて、純粋に学術的な知識なんでしょうね。きっとラテン語の学名もさらで言えるに違いない(笑) 深月は、料理に関しては秀でたところがあるようです。風呂から指示を出したりしていましたし。今回の風呂は普通でした(笑) 前回妙な風呂シーンを演出した柊でしたが、今回はついに彼にもキスシーンが…… ドーベルマンでもいいや(笑)


豪華料理にも「まあまあ」との瑛理子に、こんなときにもうどん研究に余念がないなるみ。三大珍味うどん…… 名古屋でなら出せます(笑)


食後、瑛理子が「かくれんぼ」を提案。ペア決めで、摩央姉と結美はくじを交換。光一と結美は同じ組になりました。お節介もいいんですが、あんまりやりすぎるとちょっとイヤミっぽくなっちゃうんですよね。そこが難しいところ…… スクールデイズではかなりそのことを感じましたから(笑)


深月とペアになった摩央姉は、「会ったこともない婚約者がいるというのはどういう気分なのか?」と質問。深月はまったくそのことを苦に思っていないようなのですが、それは彼女自身も言っていた通り、「それが当然だと思ってきたから」というのが大きいんでしょう。でも一方でそれはとても幸福なことのようにも思えます。非常に前向きですし。で、問題は摩央姉のほうですよ。「いま、恋愛をしているのか?」 摩央は、非常に迷っているようですね。


柊・明日夏ペアのほうでは、「一輝と瑛理子が付き合っているのか?」という話題。あ、それは妹さんも気にしてましたね。でも明日夏が言うと、また違う意味合いが…… 柊も詳細は知らず。明日夏は瑛理子のことを「一緒にいるとおもしろい」と思っているそうです。この作品では、こういうふうにヒロインどうしが互いにどういう印象を抱いているのかわかるのが興味深いです。


問題の一輝と瑛理子。瑛理子はこれまで、他人と積極的に関わろうとしなかったのが、随分と変わってきたようです。かくれんぼもしたことがないそうですが、友達がいなかったんでしょうね。周囲からは孤独を好むように思われていて、本人もそのつもりだったのかもしれませんけど、それは単に「友達といっしょに過ごす」ということを経験したことがなくて、比較のしようがなかっただけかもしれません。そんな彼女が一輝に対して抱いている気持ちはどんなものなのか…… と、ここで

実験

実験来たー!(笑) 「かくれんぼにおける云々……」って…… そんな弁解はいらないんだ(笑) 明らかに前回の「実験」とは身体における反応が違うでしょうが。大きな進歩です。瑛理子がデレた…… ある意味衝撃的で、かつ非常に感慨深いものが(笑)


悩む摩央姉は、甲斐くんのところへ。これは自分の気持ちを再確認しようという行動なんでしょうか…? 一方で結美は、ずっと様子が変です。何か事情があるんでしょうけど…… これは結美が自分から言い出すのを待つしかないんでしょうか。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
人気blogランキングへ
| キミキス pure rouge(終) | 16:50 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 16:50 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://symphonicrail.jugem.jp/trackback/1063
トラックバック
キミキス pure rouge 第11話「tear drops」
キミキス pure rouge (1)お嬢の入浴シーン、通常バージョン〜〜。 前回が変バージョンであったため、燃焼不良になってしまったお嬢ファンのために、今回は本物のお嬢の登場ですよ〜〜。 視姦だ視姦〜〜(お下品な) そして裸のお嬢が立ち上がる寸前でタイトルへ
| シバッチの世間話 | 2007/12/24 8:14 PM |