CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 富山の旅 2日目〜富山地鉄乗りつぶし〜 | main | ゼロの使い魔〈10〉イーヴァルディの勇者 (MF文庫J) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気blogランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
富山の旅 3日目〜富山県西部〜

2日目に富山県東部は制覇したので、3日目は西部へ向かいます。

ライトレール・岩瀬浜駅
まずはライトレールで終点の岩瀬浜へ。富山港線時代に来たときは駅舎があったのですが、ロータリーができて近代的に整備されていました。ここから少し足を伸ばして観光。

森家
かつて廻船問屋として栄えた森家。今は資料館として公開されています。フリーきっぷで料金は割引。案内のおじさんが丁寧に解説してくれました。


岩瀬浜〜新港東口接続バス
岩瀬浜駅まで戻って、新港東口(堀岡)まで向かいます。土休日しか走っていない射水市がやっているバスで、土休日しか走りません。バスの車そのものは富山地鉄でした。たぶん委託か何かでやっているんでしょう。バスの走る道路に沿って、自転車道が見えます。これが、富山地鉄射水線の廃線跡でしょうか。

越ノ潟フェリー
堀岡からは越ノ潟フェリーで対岸へ。所要時間は5分ほどで、料金は無料です。


万葉線「ハートラム」
船着場の目と鼻の先から、万葉線に乗れます。車両は低床車の「ハートラム」で。氷見線の線路をオーバークロスして、路面区間へ入っていきます。そして高岡駅前に到着。

「鉄道の日」イベント
途中、米島口の車庫でイベントをやっていたので、電車の写真を撮ってみました。そのあと、中伏木で降ります。

如意の渡し
すぐそばの船着場から「如意の渡し」で対岸へ。旅行者には料金で乗車証を購入してもらう、という形式になっているようです。ここはフリーきっぷを適用。渡しの上空に、橋が建設中。これができても、渡しは続くんでしょうか?


氷見線・城端線
船着場から少し歩いて、踏切を渡っていくとJRの伏木駅。ここからまず氷見線の終点・氷見(ひみ)へ。眺望ポイントの雨晴海岸も通ります。天気がいい日は立山連峰まで見えるそうですが…… この日はそこまでは見えず。高岡へ戻って、次は城端線。氷見線も城端線も、キハ40系列が活躍中です。終点の城端(じょうはな)まで行って、また高岡まで間戻ってきました。どちらの線も、結構通学利用などが多いようです。


これで富山とはお別れです。特急「しらさぎ」で名古屋へ。車内でますのすしを食べつつ、今回の旅を振り返ると……
・高山本線
・富山地方鉄道
・黒部峡谷鉄道
・富山ライトレール
・万葉線
・氷見線
・城端線
これだけ制覇しましたので、富山県内の路線は全部乗りました。北陸であと残っているのは、七尾線と越美北線…… 近いうちに乗りに行きたいと思います。


JUGEMテーマ:旅行
人気blogランキングへ
| 鉄道旅行記 | 01:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 01:15 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック