CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 富山の旅 1日目〜JR東海全線制覇〜 | main | 富山の旅 3日目〜富山県西部〜 >>
富山の旅 2日目〜富山地鉄乗りつぶし〜

1日目に続いて、富山地鉄の乗りつぶしを進めます。


富山地鉄デ7000
まずは路面電車で東へ行って南富山まで。不二越線ホームのすぐ横に路面電車が乗り入れていて、線路も繋がっているようです。ここから不二越線で電鉄富山まで戻るのですが、稲荷町車庫でいろいろ発見。

中間車
普段は2両で走っている旧「レッドアロー」の中間車。多客期には両数を増やすのかもしれません。他にも、除雪車や電気機関車がいました。


富山城

宇奈月温泉行きの特急までの間に、市内観光。富山城は資料館です。地下駐車場の工事中で、公園内でも入れない場所が多くなっていました。


ライトレール0600形
JR富山港線の線路を利用して開業した富山ライトレール。富山駅北から乗り、奥田中学校前で降りて富山港線廃線区間をたどります。

富山港線廃線跡
一部廃線になってからまだ日が浅いせいか、レールと架線がなくなっただけで、敷地はほぼそのまま残っているようでした。富山駅付近では高架化のための工事が進んでいるのですが、すぐそばには踏切の跡も。


いよいよ地鉄本線の特急で宇奈月温泉へ向かいます。車両は前日も乗った旧レッドアローことモハ16010形。電鉄富山を出発…… 寺田で立山線が分岐したあと、スイッチバックの上市で進行方向が変わります。電車は結構なスピードで飛ばしつつ、JR北陸本線と並走。スピードではJRにかなわないですけど……

そして終点・宇奈月温泉に到着。これで富山地鉄も全線乗車完了です。ここから黒部峡谷鉄道の宇奈月駅へ。


黒部峡谷鉄道の電気機関車
黒部峡谷鉄道は小型の車両が走るナローゲージの観光鉄道で、電気機関車がトロッコ客車を引っ張っります。当日券を買いましたが、客車が満席になりそうな乗客数でした。観光鉄道とは言いながら、発電所要員・資材の輸送が本当は主だったり…… ユニークな路線です。黒部峡谷の険しい地形に沿って、カーブやトンネルを抜けながら進みます。よくこんなところに鉄道をつくったね…… と感心してしまいます。

峡谷の景観
80分ほどかけて終点の欅平(けやきだいら)に到着。だいぶ涼しかったですが、わたしが行ったときは紅葉はまだでした。周辺を散策し、足湯につかって…… また戻ります。宇奈月温泉から富山地鉄の各駅停車で新魚津(しんうおづ)へ。ここからJRに乗り換えたほうが早いため、乗り換え。以前はJR魚津駅との間に跨線橋があったらしいのですが、骨組みだけが残って現在は地下道を通る必要があります。魚津から特急「北越」で富山へ。JR東日本のリニューアル485系です。フリーきっぷで特急自由席にも乗れるので便利。


2日目はここまで。3日目は、ライトレールなどに乗りながら西の高岡方面へ向かいます。


JUGEMテーマ:旅行
人気blogランキングへ
| 鉄道旅行記 | 01:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 01:15 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック