CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< ひぐらしのく頃に解 第16話 祭囃し編 其の参「終わりの始まり」 | main | 富山の旅 2日目〜富山地鉄乗りつぶし〜 >>
富山の旅 1日目〜JR東海全線制覇〜

災害で不通になっていたJRの高山本線がようやく開通し、それを記念して「富山フリーきっぷ」なるものが発売されました。これは、名古屋市内から富山フリー区間まで特急「(ワイドビュー)ひだ」「しらさぎ」のいずれかを使って往復できるというものです。往路で「ひだ」に乗ったら復路は「しらさぎ」、逆なら逆にしなければいけません。フリー区間は北陸本線の高岡〜黒部、高山本線の猪谷〜富山、城端線・氷見線・富山ライトレール・万葉線の全線、さらに新港東口ライトレール接続バス、越ノ潟フェリーと、如意の渡しにも乗れるというものです。


ちょうど乗りつぶしに使えそうだと思ったので、このきっぷで旅行に行きました。まず1日目は、名古屋から特急「(ワイドビュー)ひだ」で富山まで行きます。

キハ85系「(ワイドビュー)ひだ」
名古屋駅からキハ85系に乗車。岐阜までは座席は後ろ向きで、岐阜から進行方向が変わります。美濃太田から先は、初めて乗る区間。山に分け入って、まさに山岳路線です。高山で乗客の大多数は下車。角川(つのがわ)から今回復旧した区間です。電気信号系統などもすべてやり直したようで、踏切の警報機も真新しくなっていました。


列車は猪谷に到着…… ちょっと前まではここから神岡鉄道が出ていたのですが、廃止されてしまいました。でも、これで、

JR東海全線乗車達成!!

JR旅客5社のうち、全線制覇したのは東海が初めてです。


猪谷からJR西日本の区間。平野を快調に走って、富山に到着しました。フリー区間からは外れますが、ここから富山地方鉄道の全線乗りつぶしを開始。地鉄の2日間フリーきっぷを買います。

富山地鉄モハ16010
立山行きの普通列車は、かつて西武レッドアローとして活躍していたモハ16010でした。車内はリクライニングシート。電鉄富山を出てから住宅地を抜け、平野を走って、岩峅寺(いわくらじ)から先は山がちに。鬱蒼とした林を抜けて川を渡ると、終点の立山です。


川を渡る立山線の電車
立山駅から歩いてすぐの場所から、鉄橋を一望できます。

立山駅舎
立山駅からは立山黒部貫光のケーブルカーが出ていて、立山黒部アルペンルートで長野県側に抜けることができます。ここは以前クリアしたので、今回は戻ります。

富山地鉄モハ10030
モハ10030はかつて京阪3000系「テレビカー」だった電車ですね。とりあえず岩峅寺まで戻ります。ここから不二越・上滝線に乗り換え。立山線はわりと田んぼの中を突っ切る路線ですが、こちらは住宅地の中を走って、電鉄富山に着きました。


富山駅前から富山地鉄の路面電車に乗車。西の終点・大学前まで乗ります。安野屋からの区間は単線。道路といっしょに神通川を渡って、大学前へ。

富山地鉄デ8000
軌道区間ではVVVFインバータ制御の新型・デ8000が走っているのをよく見ました。

この日の乗りつぶしはここまで。2日目は地鉄本線で宇奈月温泉へ向かいます。


JUGEMテーマ:旅行
人気blogランキングへ
| 鉄道旅行記 | 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 01:13 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック