CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 最近のアニメの話題 | main | 「初音ミク」をアニメ化するときは…… >>
アニメ・マンガやネットへの規制強化の動き

「最近、アニメやマンガに関していろいろな規制の動きがあるらしい」
「著作権関係と児童ポルノ関係でしょ」
「これについてはどう考えるべきだろうか」
「うーん、利用者からすれば当然規制強化は反対よね。不利になるのイヤだし」
「自分の利益以外も考えようぜ……」

●動画投稿サイトと「ダウンロード規制」
「最近、アニメ制作者側から、動画投稿サイトへの違法アップロードに関して言及があったそうね」
「言っとることは正しいと思うぞ。無断うpは著作権法違反で犯罪。以上、議論終了…… で良くね?」
「法律上はそうだろうけど…… 著作権法違反ってどのくらいの重さの罪だったっけ?」
「10年以下の懲役だから、詐欺罪や恐喝罪と同じくらいだな。同時に1000万円以下の罰金を課されることもあるから、もっと重いかも」
「でも実務上はそんな刑が科されることなんてほとんどないんでしょ。親告罪だし」
「それは罪に問われないというだけで、違法であることには変わりないだろ。捕まらなきゃ何をやってもいいのかよ」
「そうだけどさ、削除を頼むだけで法的措置を取らない権利者にも多少は問題があるんじゃないの。ほら、『権利の上に眠る者は保護されない』って言うじゃない」
「まあ、実際に法的措置に踏み出せば見せしめにはなるだろうね」
「それから、この問題に言及している発言を見ると、そういう法的な問題というよりも、DVDが売れなくなると儲からないという金銭的・経済的な点から違法うpを批判してるみたいだけど」
「そうとも取れるな」
「でも、『うpされたのがあるからDVDを買うのやめよう』と思う人なんてどれだけいるのかしらね」
「どういうことだ?」
「そういう人は、とりあえず内容だけわかればいいと思っている人なんだから、最初からDVD買うつもりなんかないわよ。内容が知りたいという以上に、好きな作品じゃないと買わないと思うけど、普通」
「つまり、動画がうpされることによる販売利益の損失は、そんなに大きくない、と」
「そうよ。むしろ、うpされたものを見てDVD買いたくなる人のほうが多いかもしれないし」
「それは権利者が公式にうpすりゃいいんだよ。違法状態を容認する理由にはならんだろ」
「そうかもしれないけど、TV放送のネットがあるかないかで地域格差を作っておきながら、放送は見られないけどまず内容を確かめたいという人に、いきなり仕方なくDVDを買わせる商法は、それはそれでどうかと思うわよ」
「まあ、確かにね。DVDは気軽に買えるような価格じゃないしな……」
「それに、制作者の方々は『自分たちに利益が還元されないのは困る』と言っておられるわけでしょ。そのためにDVD販売のみに頼らないといけないという仕組み自体に、構造的な問題があるんじゃない?」
「TV放送だけじゃ儲からないらしいしな」
「たまに制作現場の人の窮状とかを聞くと、涙が出てくるわよ」
「いったい何のためにTVでアニメをやってるんだよ…… 番組自体がDVDの宣伝なのか?」
「現状ではそうと言わざるを得ない点があるんじゃない? あと、マーケティング・リサーチね」
「アニメってのはそもそも表現作品だろ。公共の電波を使って娯楽を提供するとか、作品を通して作り手から視聴者に何らかのメッセージを伝えるとか、そういう意義はもはやないんだろうか……」
「儲け優先でそういう意義がないがしろにされるのは勘弁だわ。DVD販売だけに頼らなくても制作者に利益が還元される仕組みを、なんとかするべきじゃない?」
「その通りだな…… って、違法うpの話はどうなったんだ?」
「いや、制作者の方々の話が、動画投稿サイトや違法うpを批判することで、DVD販売に頼らざるを得ない現状を嘆いている趣旨に思えたのよね……」
「それはそうと、政府ではアップロードだけじゃなくてダウンロードも規制することを検討しているようだな」
「え? サイトを見ただけで自動的にキャッシュファイルが残るんですけど……」
「違法ファイルとわかっていながらDLするのを規制するらしい」
「故意の立証が難しそうな気がするけど…… それ以前にインターネットの長所と利便性を阻害するんじゃない?」
「そういう意見も強いので、議論はこれからだわな」


●二次元作品における児童ポルノの規制
「内閣府の世論調査によると、マンガ・イラストによる児童ポルノも規制の対象とすべきという意見が9割に及んだそうだな」
「個別面接による調査でしょ。『自分はロリコンです』って言えないわよ普通」
「ま、この数字だけを真に受けるのはどうかと思うが……」
「憲法で保障された表現の自由はどうなるのよ!」
「『普段著作権侵害してる連中が何を言うかバカヤロー』って言われそうだな」
「……それとこれとは別の問題でしょうが」
「警察庁も『バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会』なるものを設置しているらしい。資料や議事録が公開されているんだが、第1回会合の資料4と、第6回の資料2〜4、議事録は必見だな。ソフ倫やCEROの人も呼ばれていておもしろいぞ」
「まあ、表向きは規制ありきで議論しているようには見えないけど……」
「児童ポルノ規制をなぜ行うべきかというと、『わいせつで倫理的に問題があるから』という理由と『性行為の対象にされる児童の権利を守るため』という理由があって、現行の児ポ法は後者が目的なわけだ。条文にもそう書いてある」
「だったら、現実に存在しない児童を描いている二次元作品は規制できないはずよね」
「そこは、『犯罪に結びつくのを防いで児童を守る』という論理になるんじゃないか?」
「何よそれ! ただの抽象的危険じゃない。そんなので法律はつくれないわよ」
「でも、規制に賛成している人がそれなりに多いということも無視できないと思うんだな。そういう人たちは、おそらく前者の理由で賛成しているんだろう。『研究会』でも、座長は、書店とかでそういう作品が簡単に目に触れるのを放置するのはいかがなものか? みたいなこと言ってるし」
「憲法上の基本的人権を制限する法律の規制は最低限度にとどめるべきなのよ。道徳的な問題まで踏み出すのはやりすぎ」
「とはいえ、そういうのに興味が無い人や青少年の目に触れないようにすることも、ある程度は必要じゃないかと思うんだが。この点に関しては、法律じゃなくて、販売店や業界が自主規制するべきだと思う」
「まあ、一般の書店でも、何のパーティションもなく成人向けコミックが売られてたりするしね…… レンタル屋の仕切りとかに比べると、甘い気がする」
「あと、出版業界はソフ倫みたいにきちんと自主的に内容を審査したほうがいいんじゃないか? 今のでは甘いと思うぞ」
「思ったんだけど、そもそもなんでわいせつ規制が必要なわけ? そうやってきちんとシャットアウトして、そのつもりのない人の目に偶然に触れることがないようにすれば、いいんじゃないの?」
「わいせつ規制と表現の自由の問題については、その昔、『チャタレー夫人の恋人事件』というのがあってだな、最高裁は判決で次のように言っている…… ちょっと長いがそのまま載せるぞ」


およそ人間が人種、風土、歴史、文明の程度の差にかかわらず羞恥感情を有することは、人間を動物と区別するところの本質的特徴の一つである。羞恥は同情および畏敬とともに人間の具備する最も本源的な感情である。人間は自分と同等なものに対し同情の感情を、人間より崇高なものに対し畏敬の感情をもつごとく、自分の中にある低級なものに対し羞恥の感情をもつ。これらの感情は普遍的な道徳の基礎を形成するものである。

羞恥感情の存在は性欲について顕著である。性欲はそれ自体として悪ではなく、種族の保存すなわち家族および人類社会の存続発展のために人間が備えている本能である。しかしそれは人間が他の動物と共通にもつているところの、人間の自然的面である。従つて人間の中に存する精神的面即ち人間の品位がこれに対し反撥を感ずる。これすなわち羞恥感情である。この感情は動物には認められない。これは精神的に未発達かあるいは病的な個々の人聞または特定の社会において缺けていたり稀薄であつたりする場合があるが、しかし人類一般として見れば疑いなく存在する。例えば未開社会においてすらも性器を全く露出しているような風習はきわめて稀れであり、また公然と性行為を実行したりするようなことはないのである。要するに人間に関する限り、性行為の非公然性は、人間性に由来するところの羞恥感情の当然の発露である。かような羞恥感情は尊重されなければならず、従つてこれを偽善として排斥することは人間性に反する。なお羞恥感情の存在が理性と相俟つて制御の困難な人間の性生活を放恣に陥らないように制限し、どのような未開社会においても存在するところの、性に関する道徳と秩序の維持に貢献しているのである。

ところが猥褻文書は性欲を興奮、刺戟し、人間をしてその動物的存在の面を明瞭に意識させるから、羞恥の感情をいだかしめる。そしてそれは人間の性に関する良心を麻痺させ、理性による制限を度外視し、奔放、無制限に振舞い、性道徳、性秩序を無視することを誘発する危険を包蔵している。もちろん法はすべての道徳や善良の風俗を維持する任務を負わされているものではない。かような任務は教育や宗教の分野に属し、法は単に社会秩序の維持に関し重要な意義をもつ道徳すなわち「最少限度の道徳」だけを自己の中に取り入れ、それが実現を企図するのである。刑法各本条が犯罪として掲げているところのものは要するにかような最少限度の道徳に違反した行為だと認められる種類のものである。性道徳に関しても法はその最少限度を維持することを任務とする。そして刑法175条が猥褻文書の頒布販売を犯罪として禁止しているのも、かような趣旨に出ているのである。

(最高裁判所大法廷昭和32年3月13日判決)


「国、少なくとも裁判所は、このように考えているというわけだな。羞恥心は保護に値する、人間性を維持するためにはある程度の規制が必要だ、と」
「これって、わいせつ物が性犯罪につながる恐れがあるって言ってるわけ?」
「まったくのでたらめというわけではないと思うぞ。『研究会』のところでも、実際そういう事件が取り上げられているしな」
「そう? わいせつ物のせいというよりも、犯罪者個人の問題によるところが大きいと思うけど」
「一部にそういう愚かな人間がいるんだから、創作物の内容についても考える必要があるな」
「どういうこと?」
「例えばだな……」


「お兄さんといいことしようぜ」
「きゃあ! 何するのよ変態!」
「さあ、脱げ」
「やめてって言ってるじゃない! バカバカ!」
「そんなこと言って、本当は感じているんだろフヒヒ……」
「あ…… う…… なんかいいかも……」
「ガマンしなくてもいいんだぜ……」
「もうだめ、いけないとわかってるのにイッちゃう! アッ――!!」


「……という具合にだな」
「何よこの猿芝居! 私になんてこと言わすのかしら! 殴る!」
「ちょっ、待て待て…… こういうふうに、犯されているのにおにゃのこが喜んじゃうとか、犯罪行為を肯定的に描くのは、現実に反しているから問題だということなんだよ」
「そう? そのほうが『実用性』は高いんでしょ。フィクションなんだから、認められる範囲じゃないの」
「ところが、こういうのを真に受けちゃう愚か者がいるんだな……」
「そこは性教育とかにメディアリテラシーを盛り込んで対応すればいいと思うけど」
「『研究会』でもE委員はそういう意見だったな。これも自主規制の範囲かもしれない」
「子どもを性犯罪から守るために法律で規制を強化するというのなら、それは的外れだから、私は反対。関連性の根拠がないもの」
「そうだな。販売方法や、内容についても、まずは自主規制の段階だろ。そうすれば不快に思う人も減ると思うんだ。ネット上の情報も、まずはフィルタリングとかで対応すればいいんじゃないか?」
「ルールを守らない奴がいると、規制が強化されるのはある程度当然の流れなのよね。多数派に『規制やむなし』と結論付けられたら終わりなの。みんな自重しなきゃダメよ!」
「ハイ、気をつけます!」
「……」

人気blogランキングへ
| 対談〜2人のアニメ妄言日記〜 | 10:31 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 10:31 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ニコニコ動画 ダウンロード 保存方法
「ニコニコ動画」は、「ニコ動」、あるいは「ニコニコ」といった愛称で呼ばれることもある人気の高いサービスです。ユーザーは、ニコニコ動画配信サイトで配信されている動画にコメントをつけて、表示させることができます。
| ニコニコ動画 ダウンロード 保存方法 | 2007/11/27 8:52 AM |