CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< Shiro SAGISU Music from“EVANGELION:1.0 YOU ARE(NOT)ALONE” | main | 2007秋の新作アニメ その3 >>
MURDER PRINCESS 第3話「帰還」、第4話「追放」
朴路美,小清水亜美,矢尾一樹,高瀬右光,石森達幸,山下喜光,黒川智之,犬威赤彦,浦畑達彦
エイベックス・トラックス

MURDER PRINCESS DVD IV
MURDER PRINCESS DVD IV


レンタル屋が旧作料金にしてくれるまで待っていたら、かなり時間が経ってしまいました…… 姫がカッコ良く立ち回りを演じる『MURDER PRINCESS』の3話・4話です。人格が入れ替わったお話なのでキャラクター名がややこしいですが、以下では特に何も言わない場合、「アリタ」は「アリタの身体のファリス」、「ミラノ」は「ファリスの身体のアリタ」ということにします。


王女アリタと賞金稼ぎファリスの魂がなぜか入れ替わってしまうものの、ファリスはアリタの身体でクーデターを起こした連中を駆逐して、戴冠。国民にも歓迎されます。一方アリタはファリスの身体で侍女ミラノとして仕える…… というのが前回までの流れでした。もともとアリタの兄・カイト王子が遠征から帰還すれば、王位は兄に譲ることにしていたわけですが、カイトとは連絡が取れないらしい……


ちょっとしたことで仲たがいしてしまう2人…… お約束でなんだか唐突な気もしますが、そこはまあ置いておきます。そんなときにミラノがアカマシ博士らに拉致されて、口を割らされそうに。当然駆けつけるアリタです。壁をぶち破って登場するのがカッコイイ(笑) でもミラノが人質になっているので、剣を捨てたアリタは敵のなすがままに。


アリタとミラノは、金銭的な問題以上に、互いの深い信頼関係と絆で行動していることがわかります。一番最初はどうだったか知りませんが、アリタはミラノの人柄などを信じて国を守ることを請負ったのでしょうし、ミラノもそんなアリタを信頼しているはずです。この2人は、2人でひとり…… というか、ひとつの存在、みたいな感じになりつつあるのかもしれません。


ピンチのところに、颯爽と現れて敵を倒すカイト王子。カッコ良すぎます(笑) でも近親者だと、正体がばれやすくなる恐れがあるので注意です。カイトが戴冠すれば、この状態も終わりになるはずだったのですが……


カイトに呼び出されて行った先で、魔法使い・セシリアとの戦い。ミラノたちが入ってなんとか逃げますが、今度はアカマシ博士たちが登場。でも、当初から小物臭さが漂っていた博士が殺されちゃいます…… セシリアと一緒にいた黒い騎士に。凶悪ロリっ娘ロボ(笑)のアナとユナは反撃しますが、あっさりやられちゃいます。


魔法で強化された騎士の鎧に、さすがのアリタも歯が立たない…… と思ったら、鎧の中身はカイトでしたか。どういうことなんでしょうね、これは。カイトは遠征中に連絡途絶になったので、何か怪しいですが…… それに、アリタ(ファリス)はセシリアに見覚えがあるようです。


カイトはアリタたちが反逆者と手を結んでいたニセモノと糾弾。確かに、急に王女が強くなるのも変ですし、王位を狙ってアカマシと手を組んだという解釈も受け入れられるかも…… アリタたちは何とか城外に逃げ延びましたが、これからどうするんでしょう…?


この作品の魅力は、アリタの大立ち回りにあるわけですが、ミラノが人質に取られたり、魔法が相手だったりしたため、今回はあまり実力を発揮できず、不完全燃焼でした。そこが少し残念。このお話の続きは…… またレンタルが旧作料金になるまで待とうかな(笑)

人気blogランキングへ
| MURDER PRINCESS(終) | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 00:14 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック