CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
<< 記事数1000突破 | main | MURDER PRINCESS 第3話「帰還」、第4話「追放」 >>
Shiro SAGISU Music from“EVANGELION:1.0 YOU ARE(NOT)ALONE”

劇場版「ヱヴァンゲリヲン」を見に行って、サントラも欲しくなったので入手しました。TV版のサントラは全部持っていますし…… 本編を見ているときにも感じましたが、BGMは全体的にTV版使用曲のアレンジが多くなっています。というか、ほとんどそうですね。TV版エヴァは各々のシーンとBGMがセットになって印象に残っているので、そうするのは妥当だと思います。


曲名は英語のものとフランス語のものがありますが、ほぼフランス語タイトルのものがTV版のアレンジだと思っていいようです。TV版の曲と比べると、より低音やパーカッションのリズムを強調した編曲になっているように思いました。


合唱入りの曲も3曲ありますが、使徒襲来のテーマに合唱をつけた"Showdown"はなかなかおもしろいです。本編見たときも印象が強かったですね。


同じ曲のアレンジが多いので、CDアルバムとしては多少物足りないようにも思われますが、劇場版サントラなのでそれは仕方ないかも。ブックレットに各曲の解説が載っていて、調性やテンポの設定まで詳しく書かれています。無調や転調する曲が多いようです。劇中の映像と合わせるため、1000分の1秒単位までテンポを解析しているのだそうで、改めてこうした作品での音楽の重要性を感じるものです。

人気blogランキングへ
| エヴァンゲリオン | 17:59 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
人気blogランキングへ
| - | 17:59 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
レビュー・評価:さよなら絶望先生/第2話 トンネルを抜けると白かった
品質評価 26 / 萌え評価 34 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 26 / シリアス評価 69 / お色気評価 13 / 総合評価 29レビュー数 236 件 第2話 トンネルを抜けると白かった についてのレビューです。
| ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン | 2007/11/01 8:22 PM |