CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
★テレビ放送

(日)

(月)

(火)

(水)

(木)

(金)

(土)

※深夜番組は日付変更前の曜日
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

楽しいアニメがある限りほぼ毎日更新

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
お返事いたします
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
学園アリス 18
「学園アリス」も、そろそろクライマックスへ近づいているのか…… 蜜柑の出生の謎も明かされそうな、過去のお話。

蜜柑の父親って、あんな人だったのね…… という感じで、先生こと行平泉水が登場。しかし、蜜柑の破天荒で大胆なところを考えると、うなずけないこともない……

とはいえ、彼もそのことが原因で、大変なことになるんでしょうね。お話が先に進むのに時間がかかるのがもどかしいところですけど…… 現在の状況を理解するには重要なところですから、過去の話もじっくり見ていきたい。

そしてすべてが明らかになった時、蜜柑たちはどうするのか…… 究極的には、学園の体質を変えていくしかないんでしょうかね。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 
人気blogランキングへ
| 学園アリス | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
学園アリス 17巻
学園アリスの本編は、だんだん核心に迫っているようで…… クライマックスが近い?

本筋は、初等部校長らが何らかの理由で蜜柑を狙っているらしい、どう逃れるか? というところなんですが…… 今回の巻は「なつみかん派」のための本ですね(笑)

棗の奴、傷心の蜜柑のところに現われて、ぎゅっと抱きしめちゃったり、ついに……

「好きな女が同じ闇に落ちていくのを目の前にして ……」
「この先何があっても …どうなってもこいつは俺が守る」

きたー!! ついに言ったね(笑) 最初の頃のパンツ事件なんかからすると、隔世の感が…… まあ、蜜柑のほうも、まんざらではないのはわかってますけど。

なかなかハードな動きに巻き込まれている蜜柑ですが、どうなるのか…… 棗の死亡フラグは? また楽しいセクハラ学園生活が戻ってくるんでしょうか(笑)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 
人気blogランキングへ
| 学園アリス | 21:08 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
学園アリス 16 (16) (花とゆめCOMICS)

「学園アリス」は単行本で継続購入中です。


樋口先生は以前、二次創作に任せるべきとも思える禁じ手「成長ネタ」をされましたが(笑)、今回は第2の禁じ手「入れ替わりネタ」ですか…… まあ、アリスのせいにすれば基本的に何でもアリですからね(笑) 棗が入って目つきの悪いルカでした。


棗をベアだと思った蜜柑が、不安を口にする場面。
「あいつやっぱりウチのこと好きなんちゃうか」
それは棗を見ていればよくわかる(笑) 鈍感な蜜柑とはいえ、一応は感づいていたのね…… 問題は、蜜柑がどう思っているか、なんですけど…… 棗のことは大切な存在だと思っていることは確か。でもそれを単に「同級生・友達だから」ということで片付けられるのか…? 


棗の身体はだいぶヤバイらしいのですが、棗は不安を訴える蜜柑の手をそっと握るのでした。食えない奴…… 蜜柑は唯一の希望です。棗の笑顔を見られるかどうか、はこの作品の最終目標ですからね(笑)


そして蛍にも危険が迫っているらしい…… ただでは屈しそうにない蛍ですが、とはいえ小学生ですし。こっちも不安。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
人気blogランキングへ
| 学園アリス | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
学園アリス (14)

「月」という漢字を、なんと読むか…… 「ライト」と「ユエ」のほかに、「ルナ」が加わりました(笑) というわけで、転校生の小泉月(ルナ)が登場です。


ただこの月は非常に胡散臭い人物で、手始めに蜜柑が周囲から浮くように仕組んでおります。さらに、蜜柑の命を狙っているらしい…? それに感づいた棗と蛍は、気を揉んでいるようです。学園の内情はよくわかりませんが、翼が危険能力系に移ったり、蜜柑の母・安積柚香の捕捉に動いたりと、なにやら不穏な情勢。


月は棗のみならず、蜜柑本人にも圧力をかけるので、身動きが取れない状態に。みんなお互いのことを大切に思っているのですが、だからこそ互いを遠ざけて守ろうとするという、どうにも歯がゆい状況になってしまいました。


そんな一方、学園では体育祭が開かれて、奇妙な障害物競走が…… た〜らこ〜、た〜らこ〜♪…… これを通して、何とか事態を打開できるんでしょうか。


これ以前のお話は借りてきて読んだのですが、今回初めてコミックスを購入してみました。本編では、セリフの言い回しや説明などで、繋がり方とか、何を指して言っているのかちょっとわかりにくい部分があるように思います。これがわかりやすくなるといいんですけど。

人気blogランキングへ
| 学園アリス | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
学園アリス 4〜13巻

NHK教育で放送していたのを見て、興味をもった「学園アリス」を、コミックで読んでみました。アニメで見た部分はいいかな〜と思ったので、見たのは4巻〜13巻。なかなかハードな展開の連続ですね……


「ハードな展開」の元になるのは、蜜柑の出自に関わることと、棗の身の上に関わることなのですが、棗のほうは葵を救出したことで、一番のヤマは越えたかも知れません。葵ちゃんにもうちょっと活躍してもらいたかった感じもしますが、アリスがなくなった以上、仕方ないですかね……


問題は蜜柑のほうで、母親が反体制活動をしていることはわかったものの、教員をしていたとみられる父親が、どうなってしまったのかはまだよくわからないままです。非常にヤバイ事情が絡んでいることは間違いないようですが…… 学園の闇は深いですね。国家権力って恐ろしい…… 学園と反体制派の両方と闘わなければならないというのも、なかなかつらい立場です。


蜜柑は、罪な子…… 棗も流架も振り回されっぱなしですね。この2人は、ともに蜜柑が好きなんだということを互いに一応確認し合ったようですが、今後の展開は果たして…… 流架は、アリスストーンに関する「誓い」を持ち出したり、自分からキスしにいくなど、だんだん積極的になっているようです。棗は、まあもともとセクハラ要員でしたが、本気で蜜柑を守らなければならないと思っている様子。さらに誕生日のときあげられなかったプレゼントを後日こっそり置いていくなど、なかなか隅に置けません。


では肝心の蜜柑はどうなのかというと…… 恋するにはまだ早いでしょうか?(笑) きっとどちらのことも好きなんでしょうけど、2人に対して抱いている気持ちは、微妙に違うようです。


アニメでは出てこなかった、殿先輩や茨木のばらあたりが、いい味を出していた感じがします。危険能力系のバカ2人も、見どころがあります(笑) そういうわけで、なかなかおもしろい作品でした。今後も続きを見ていこうと思います。


以下、各巻について一言ずつ……

続きを読む >>
人気blogランキングへ
| 学園アリス | 11:55 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
学園アリス 全26話

地上波で放送していた「学園アリス」を見ました。最終話で鳴海先生が言っていたこと、それがまさにこの作品のテーマなのでしょう。アリスを持って生まれた以上、その能力と付き合っていかなければならない。アリスとどう向き合うか、それが問題…… ということです。いろいろと謎が残ったままの終わり方ですが、NHKにふさわしい、教育的なテーマなのでした(笑)


蜜柑は終始、ムードメーカーで、学園の人々に大きな影響を与えたようです。蜜柑は蛍一直線でしたが、ほぼ一方通行で、蛍は「わかりにくい愛」を貫くのでした。蛍には、このまま蜜柑をはねつけつつ、仲良くしていってもらいたいですね(笑)


棗は、いろいろと辛い立場ですが、蜜柑の存在によってかなり救われた部分もあると思います。根は優しい子ですから。


そして、以外にも評価が上がっていったのが、パーマこと正田スミレ。棗ファンクラブを率いる(?)スミレは、最初はヤな感じでしたが、棗が拉致された事件のときにわかったように、いろいろなことを冷めた視点から考えている子でした。それで学園の体質についても半ばあきらめたような捉えかたをしていたんだと思います。直情径行型の蜜柑と比べると、対極の存在ともいえるかもしれません。この2人の対比は、興味深いところでした。斎藤千和さんの力も、大きかったですかね…(笑)


アニメのほうはここでおしまいでしたが、続きが気になりますね。コミックを読むのがいいんでしょうか…?

人気blogランキングへ
| 学園アリス | 00:14 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
| 1/1PAGES |