CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

楽しいアニメがある限りほぼ毎日更新

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
お返事いたします
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ななついろ★ドロップス 第12話「初恋はななついろ」

忘れてしまった正晴
半年ほどの記憶を失って、すももとのことも覚えていない正晴。本人も、そのことについては違和感を覚えているようです。何か大事なことを忘れているような気がする…… でもそれが何なのかはわかりません。無理に思い出させようとするのはよくないということで、周囲も気を遣っています。


薬で記憶は戻るというけど……
そんな状況でも待っているすももでしたが、さすがに何もかも忘れられてしまうのは辛そう。そこへノナが、星のしずくからつくったという薬を持ってきました。それを飲ませれば正晴の記憶は戻るといいますが…… すももは感謝しつつも、薬は使わず正晴を信じて待つことに。確かに、いろいろな力の影響で記憶がなくなってしまったわけですから、薬でそれをあれこれするのもどうかと…… それに、正晴が「またすもものことを好きになる」と言ってくれたわけですから、それを待ちたいところです。


ノナはすももの強さを知った
これまで意地を張っていたノナでしたが、勇気と寛容こそがすももの強さであることを知ったのでした。あそこまで正晴のことを信じると言い切られたら…… 誰でも「負けた!」と思うでしょう(笑)


一方の正晴は、ユキちゃんの衣装を発見。園芸部に入っていたということを聞いて、何か思い出せないかと模索しています。かつてすももとデートした公園を巡って、何かに思い当たる正晴……

推測変換機能
ケータイの推測変換機能! これが手がかりに。メールや写真などは全て消去したのですが、さすがにここまではリセットできなかったようですね。すももも盲点でした(笑) おもしろい時代になったものです。


そして正晴は思い出した…… 「すもものことを好きだったという事実」だけでなく、「すもものことが好きだという気持ち」も取り戻したようです。それなら無理なくお付き合いができそう…… でも、まだお互いがどういう経緯でそうなったかまではわからないわけですが、これからゆっくりとわかってくるはずです…… すもものいいところ。


口づけ
結局ノナからもらった薬は使いませんでしたが…… これから自然な感じで2人はまたお互いを理解していくんでしょう。


幸せな笑顔
いい話だった…!


●まとめ
星のしずく収集という特異な経験を通じてすももと正晴は親密になっていったのですが、ちょっと気弱でロマンチストのすももと、クールで理知的な正晴という対照的な2人が惹かれあっていくようすには、何かリアリティを感じました。やはり相手の自分には無い部分を好きになる、というのは、ドラマティックになりがちなんでしょうね(笑) 2人のお話は見ているほうが恥ずかしくなってくるぐらい純真で、幸せな気分になりました。

星のしずくを集めてユキちゃんを元の姿に…… というのが初めの流れだったのですが、いろいろあってそのへんはうやむやな感じに…… これは、2人の関係とか、そういう描写に重点を置いたから、ということなんでしょうか。

正晴が非常に好感触なキャラだったことも、良かったと思います。そのせいで同時期のSchool Daysと比較されることが多かったのは不幸な気もしますが…… でも、本作品があったおかげでスクイズも見られたようなところがあります(笑)

人気blogランキングへ
| ななついろ★ドロップス(終) | 16:34 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
ななついろ★ドロップス 第11話「なみだ色の決心」

一時は本当のヌイグルミになってしまった正晴でしたが、一応その前の状態には戻れました。ただ、記憶が混乱している模様…… このままでは、本当におかしくなってしまう。それで、星のしずくを7つ集めきると、正晴は普通の人間に戻れるものの、ユキちゃんに変身するようになってからの記憶は全部なくしてしまうと。


それはつまり、すももと恋人になったことも忘れてしまうわけで…… いっしょに寝たこととか、いっしょにお風呂に入ったこととか、それも忘れてしまうんです(笑) すももはユキちゃん=ハルくんであることを再認識して悶絶しておりました。そこは忘れて欲しいかも(笑)


正晴はその事実をすももに言い出せず、すももも何となしにそのことを感じ取って避けていたようです。それは辛いでしょうね。人生のとても大事な部分を形成している記憶が、そっくり失われてしまうとしたら。すももと正晴はその前に、思い出の地をたどります。そして「希望の鐘」へ…… デートのとき行けなかったのは、この伏線だったんですね。すももは自分からケータイのメールを消去。これは正晴が混乱しないようにとの配慮…… 哀しすぎます。


しかし、このお話を見ながらずっと思っていました…… 正晴はあの言葉を言ってあげればいいんじゃないかって。『カードキャプターさくら』でも、同じような状況のときに小狼が言っていたじゃない……
「必ずまた好きになる」って。
果たして正晴がこのことを言ってくれました。
ちょっと感動してしまった(笑)


そしてやっぱり、正晴は忘れてしまったのでした。周囲も愕然としていますが、すももは正晴のことを信じて待っています…… ここは、待っているだけじゃなくて、正晴を振り向かせようと努力するんだ!(笑) まだ希望は絶たれたわけじゃないですから。
とにかくがんばれ!

人気blogランキングへ
| ななついろ★ドロップス(終) | 11:11 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
ななついろ★ドロップス 第10話「ぎんいろの満月」

正体が知られ、本当のヌイグルミになってしまった正晴。すももは食事ものどを通らないくらい落ち込みます。対外的には「入院」ということになっている正晴ですが…… ノナは自分にも責任の一端があると思っているので、誰も自分を責めないことにかえって打ちのめされている感じです。


正晴を元に戻すのに方法がないわけではなく、高度なレシピを使って、ユキちゃんの正体が知られる以前まで時間を戻すという手が。ただ、これはかなり制御が難しいようす…… すももは何度も何度も練習しています。その影響で疲労がたまり、授業にも身が入りません。


そんなすももに弁当をつくって届けたノナ。料理もしたことがなかったのに、なかなかさまになっています。ノナは努力の人ですからね…… すももが練習している間、ノナも料理を練習しまくっていたんでしょう。気持ちはちゃんとすももに伝わっています。


満月の夜、いよいよレシピを実行。なんとお母さんも登場ですよ。……って、イメージじゃなくて本当に来ていたんですか。みんなの協力で、正晴は元に戻れました。先生が言っていたとおり、「愛の力」です(笑) 正晴は、前回ノナが起こした砂嵐の時点の記憶はあるようですが、なぜか時間感覚がおかしくなっているようす。これはどういうことなんでしょうか…?

人気blogランキングへ
| ななついろ★ドロップス(終) | 17:21 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
ななついろ★ドロップス 第9話「かなしみ色はサンドベージュ」

「ハルくん♥」
うへぇ(笑)


というわけで、ちょっと恥ずかしい呼ばれ方に悶絶寸前のハルくんです。呼び方は大事ですからね。


Wikiのツールで、厚生労働省の人も見ているらしいことがわかった(笑)本作ですが…… サブタイトルのネーミングセンスが『Canvas2』みたいですね。


「ハルくん」と呼ばれて、正晴はどう反応するのか、周りの期待は高まりますが…… お節介焼くのもいいですけど、周囲がウザい(笑) ひとの恋愛模様を見ているのが一番楽しいですけどね。正晴はユキちゃんの姿では「すもも」って呼んでいるわけですが、さすがにいつもの姿では難しいようです。


一方、孤軍奮闘しているノナことプリマ・アスパラス。ノナはずっと努力型人間でやってきて、優秀な成績を修めるに至ったんでしょう。そういう人からすれば、天賦の才能で高度な技を使いこなしてしまう人間は、許しがたいものだという気持ちはわかります。でも、すももだって努力していないわけじゃないですからね。今回は変身できるレシピを取得して、着替えが不必要になりました。カードキャプターを超えましたか(笑)


そしてお見舞いにやってきたすももに挑むノナ。自分から星のしずくを解放して、どちらが取れるか勝負です。秘密を守るため、正晴は蚊帳の外…… 撫子も真剣です。そうなると、正晴も正体を明かさざるを得なくなっちゃいます。暴走に巻き込まれるすもも…… そこに現れて助言する正晴。彼は自分の秘密は顧みず、すももを助けることを選んだんですね……

正晴は漢だ!!

そしてさっきは失敗してしまった呪文も、こんどはうまくいきます。愛だよ! 愛の力だよ!(笑)


ユキちゃん=正晴 だったことを知ったすももは、素直に喜んでいます。公私(?)ともに、すももを支えてくれていた存在だったわけですからね。素直に喜んだあとは、風呂にいっしょに入ったこととか、恥ずかしい話を思い出して悶絶することになるわけですが、それはまた別の話(笑)


でもその前に、正体を知られてしまった正晴は、何もできない本当のぬいぐるみになってしまったのでした…… 生きていた人間が無生物になっちゃうというのは、死と同義ですから、これはショックですよ。元に戻る方法はあるみたいなんですが…… うまくいくといいですね。

人気blogランキングへ
| ななついろ★ドロップス(終) | 17:26 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
ななついろ★ドロップス 第8話「幸せいろの翼」

はいはい君たち〜、
全編にわたって恥ずかしいよ〜!

でもそれが嬉しい(笑)


カップル誕生の事実は、みんなに筒抜けですね…… これは恥ずかしいですわ(笑) 会うたびに固まってしまう2人のために、世話を焼く周囲も大変そう…… もとい、楽しそうです。まずは2人をデェトさせる作戦です。


そういうわけで、初デートの2人。カップルばっかりですね…… 定番のボートに乗っちゃったりしております。でも初回からいきなりキスはなし。その点を突っ込まれる2人…… しかし、初デートでキスに至る割合というのは、実際のところどうなんでしょう? そういう統計資料はないですかね(笑)


別に最初から変に意気込む必要もないですよね。自然なのが一番です…… そして2人は、一緒に植えた球根が芽を出したのを見て、そのままキッス…… うん、とってもナチュラルな流れ(笑)


2人はそのあとも悶絶してます。すももはごろごろ転がっちゃって…… でもしずく集めも忘れちゃいけません。ノナは時間がたつのも意識に上らないくらいの猛勉強をして臨んでいます。すももにはやっぱり天賦の才能があるんでしょうね…… 今回は2つも集めちゃいました。


次回は、正晴=ユキちゃん であることがバレそうになるんでしょうか…? 正晴としては、すももに隠し事をするのは辛いでしょうけど、事実が知られてしまえば、二度と「石蕗正晴」としてすももに会うことはできなくなるわけで…… なかなか苦しいところです。

人気blogランキングへ
| ななついろ★ドロップス(終) | 22:14 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
ななついろ★ドロップス 第7話「はちみつ色のとまどい」

ああ…… なんだかとっても初々しくって、見ていると身体がこそばゆくなってきますね(笑)


正晴の告白を受けたすももでしたが、走って出て行っちゃいました。これじゃ正晴も不安ですわ…… そんな正晴にお節介を焼いてくれる、まわりの人々。何だかんだ言って、すももも正晴も愛されているんですね…… まあ、他人の色恋ほど楽しい話はないですからね。そしてフローラのお店で作戦会議。自分のとこの店に客を呼んだだけでなく、ケータイの勧誘。きっとお友だち紹介プランとか、そういうのがあるんでしょう。抜け目がないですね(笑)


すももが好きなのは如月先生なのか? と考える正晴でしたが、先生はすももの母・カリンの弟とのこと。つまり先生はすももの叔父さんにあたるわけですね。希代の才能を持っていたカリンは、大恋愛の末に結婚…… それがすももの父であったと。オヤジののろけ話を聞いて(笑)、すももも決心がついたようです。一方で正晴も、すももが誰を好きであろうと構わない…… との結論に達しました。正晴は本当に真摯ですね…… 非常に好感が持てます。


すももが練習しているところに正晴が来て、もう一回告白…… 今度はちゃんとすももも答えてくれました。そして2人で一緒に球根を植えましたとさ。
なんて甘酸っぱいお話!!
こういうお話が大好きです(笑)

人気blogランキングへ
| ななついろ★ドロップス(終) | 13:05 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
ななついろ★ドロップス 第6話「やさしさしいろの夕焼け」

正晴とすももの2人は、学園ラブコメのお得意芸・誤解スパイラルにはまっていきます。「ラブコメ」っていうのはちょっと違うか(笑)


すももはすっかり、正晴とノナの仲が進んでいる、と思ってしまいました。端から見るとそう見えなくもないですが…… ノナはわざわざ正晴を呼び出して口止めの念を押すなんて、よほど腰が抜けた件を気にしているんですね(笑) すももの元来引っ込み思案な部分が災いしております。


正晴はすもものことを気にしまくりです。それは、すももには好きな人がいるらしい、ということを聞いたからですが…… それが自分だということには、まったく考えが及ばないようです。彼は頭が切れそうに見えるんですけど、自身のことを自分ではあまり高く評価していないんじゃないでしょうか。「自分には何もできない……」とか言ってましたしね。


さて、そこで世話を焼いてくれるのが圭介とフローラの2人です。圭介のおかげで園芸部の雰囲気が和んでおります…… 気が利きますね。フローラは恋のお悩みにバッチリアドバイス。2人ともいい味出てます。すもものことを語る正晴はとっても幸せそう。本当にすもものことが好きなんですね…… ごちそうさまです。何気に如月先生もお節介(笑)


「ずっといっしょにいるのに……」と言われた正晴。確かにユキちゃんとしてすももの気持ちを知ることができる立場にもあるわけです。ここで、どうやらすももは自分のことが好きらしい、と知ってしまった正晴。ちょっとフェアじゃない気もしますが…… 星のしずくを集められなくて辛いはずのすももなのに、自分のことを気にかけてくれていた…… というところに、
ズキューン
と来たようです(笑) ここまで他者を思いやるすもものことがもっと好きになるはずですし、そうして想ってくれるのは非常に嬉しいでしょうから。これが決め手になりました。

「秋姫のことが、好きだ」
おおっ! 言いましたな! よくがんばった! 妙にエキサイトしてしまいました(笑)


これで誤解が解ければいいんですが…… 今後の課題は、すももが正晴に隠し事をすることを後ろめたく思わないかどうか、というあたりでしょうか。まあ、それはお互い様ですけど。

人気blogランキングへ
| ななついろ★ドロップス(終) | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ななついろ★ドロップス 第5話「ときめき色の星空」

この作品は「星ヶ丘」が舞台ということで、名古屋在住者としては馴染み深い地名です。でも、「舞方市星ヶ丘」とのことなので、地名からして大阪・枚方市(ひらかたし)の星ヶ丘のほうがモデルなんでしょう。……今回はそれはあんまり関係なくて、臨海学校のお話です。いわゆる「水着回」(笑)


お泊りの場合、日没後ユキちゃんに変身してしまう正晴にとっては、何かと不都合だとは思いますが…… 特にそこは気にしないのね。カレー作りでプリマ・アスパラスこと結城ノナと一緒になった正晴。ノナは「米を研ぐ」という日本語表現を知らなかったわけですか…… そもそも、米自体日常的に食さない文化のようです。でも、米を食べるために洗うわけですから、米までいっしょに流しちゃまずいって、ちょっと考えればわかるのでは…?(笑)


夜になってヒツジさんになっちゃった正晴。女性陣といっしょにお風呂ですか…… 深道さんはFの逸材のようで…… 転倒してもキャッチ(笑) すももは自分のを気にしているようですが、アニメの登場キャラはみんな胸の大きさを気にしすぎです。それが全てじゃないのに(笑) しかし、一緒にお風呂にまで入っちゃって、正晴=ユキちゃんであるとわかった後が少々面倒な気もしますが……


パジャマパーティーでのすももの発言を耳にして、いろいろと気にしている正晴です。
「秋姫には好きな奴がいるのか……」
……それは君ですよ、君!
「秋姫が誰を好きだろうと、関係ない」
いや、君に一番関係あると思いますよ?(笑)


気になって脱力している正晴でしたが、翌日は新月なので変身はナシ。肝試しでまたノナと一緒になって…… ノナは意外と怖がりだったようです。ノナは意外と抜けた部分があってかわいらしいキャラクターかも。ツンデレに入りそうです。正晴は冷静ですね。腰が抜けちゃったノナをおぶって進む正晴でした。それを目撃するすもも…… カレーのときのことも相まって、2人の仲を誤解するすももでした。それで遠慮するすももの態度に、「避けられた……」と感じる正晴。……2人していい勘違い(笑)


深夜、浜辺でばったり、そのまま語り合う正晴とすももです。星の話題で、今見えている星の光はずっと前に出たものなので、今はもうその星は存在しないかもしれない…… という、せつない話をする正晴でした。いい話なんですが…… もっと話題を選んだほうがいいかもね(笑) なんだかぎこちないまま終わってしまう2人でした。


お互いのことを認めつつ、好意を抱いている2人ですが…… それゆえに微妙なすれ違いが。何かすごく甘酸っぱいですね。
でもこんな展開が好きです(笑)
ラストの会話も、すももの無邪気で純粋な面と、正晴の論理的で理知的な面がよく出ていたと思います。こう書くと2人の性格はまるで違うように思えますが…… やっぱり相手の自分にない部分に惹かれるものです、人は。それってとてもいい感じ(笑)

人気blogランキングへ
| ななついろ★ドロップス(終) | 23:25 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
| 1/1PAGES |