CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

楽しいアニメがある限りほぼ毎日更新

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
お返事いたします
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人気blogランキングへ
| - | | - | - | pookmark |
灼眼のシャナ まとめ

「俺のヘカテー」と言っていたシュドナイには、マルコシアスが「変態野郎」とみんなの気持ちを代弁してくれたので、すっきりしました(笑)。やっぱりヘカテーをぶった切るというのは視聴者が許さないはず…… イカレ教授とバル・マスケの幹部たちは、無傷で去っていきました。


『灼眼のシャナ』には、終始悲劇的な雰囲気が漂っていました。炎髪灼眼の討ち手が生死をかけて放つ大技があると聞いたとき、シャナは悠二を守って散るのではないかと予想したわけですが、実際は運命を共にすることに…… 悠二もトーチになって死を覚悟したはずですから、当然の選択かも。しかし今回はハッピーエンドでした。まあ原作はまだ続いているわけですし(ですよね? よく知らないけど……)、妥当なところでしょう。『シャナ』にはハッピーエンドがそぐわない感じもしますけど。


街は何事もなかったかのように元通り。一美が「シャナちゃん」と呼ぶ以外には…… という感じでしょうか。というわけで劇場版も制作決定とのこと。見に行くかも……


『シャナ』は独創的な世界観を軸に、それぞれの恋愛や葛藤、シャナの心の変化をうまく見せてくれました。個人的には掴みの1話・2話を見損ねたため、専門用語に悩まされることになりましたが…… レンタルして見てみましょうかね。「フレイムヘイズは成長しない→年齢関係なし→高校生にしてツルペタを実現」という手法に感心(笑)

人気blogランキングへ
| 灼眼のシャナ(終) | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
灼眼のシャナ 第18話「砕ける願い」

今回はいろんなことがありすぎました。あちこちで新展開が起こっています。物語はみんなの想いがすれ違い、終始なんだかせつない雰囲気。ここから破滅的な結末へ向かっていくのでしょうか…?


フレイムヘイズのカムシンと接触した一美。片眼鏡を通して、悠二がトーチであることを知ってしまいます。……「トーチ」って何でしたっけ? 最初の2話を見損ねたつけが回ってきました…… 悠二が通常のヒトではないことがわかってしまったわけですね。どんどん「日常」からは離れていくことになります……


浴衣に着替えて悠二を待つシャナ。しかし悠二は帰ってこず…… 悠二と一美の2人を発見して嫉妬心を燃やします。うーん、やっぱり悠二は態度を決めるべきでしょうか。


マージョリーは…… なんすかその格好(笑) 反則です。そして田中は緒方さんに告白されちゃってますよ。佐藤は悠二に助けられ、一美の前にもシャナが現れます。平行していた筋が一気に収束していった感じです。


教授はいいキャラクターしてますね。
「さ〜あ、盛り上がってきましたよ〜! これからどうなるか、た〜のしみですね〜!!」
……教授はヤな奴ですが、そのセリフだけ同意しときます(笑)


↓今回は浴衣祭(季節はずれ)
人気blogランキングへ
| 灼眼のシャナ(終) | 01:08 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
灼眼のシャナ 第17話「新たなる序章」

新OP、KOTOKOの『being』来ました。個人的感想では、前OP『緋色の空』は、第一印象で「さすが」と思ったのですが、今回はそれほどでもなかったかな…… 何回も聴くうちに良さがわかってくるかもしれません。


さて、アニメで学校教育の実態に即していない描写がなされるたびに、いろいろ言いたいことがあります。今回は……
●男女の体育授業は別々の内容にしましょう!
●スク水は時代遅れなのでやめましょう!
●スイミングキャップをちゃんとかぶりましょう!
これでしょうか。だいたいいつもは、
●中学生以上のブルマはやめましょう(ハーフパンツで……)!
なんですけど…… その点スクランは良心的でしたね。


世界の真実を知った吉田さん、これからストーリーの本筋に絡んでくるんでしょうか。ヴィルヘルミナはこれからも出てくるようですね。過去のお話でのバックボーンが生かされそうです。新キャラクターではヘカテーが注目でしょうか……


↓ブログに存在の力を……
人気blogランキングへ
| 灼眼のシャナ(終) | 19:25 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark |
| 1/1PAGES |