CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
カウンター(2006年7月〜)
ブログパーツUL5
現在視聴中アニメ(公式サイト)
★テレビ放送

(日)

(月)

(火)

(水)

(木)

(金)

(土)

※深夜番組は日付変更前の曜日
全国鉄道乗りつぶし計画
進捗状況はまとめ記事にて
Site Policy
仮説
「鉄道をリアルに描くアニメは良作アニメ」

楽しいアニメがある限りほぼ毎日更新

コメント・トラックバックはご自由にどうぞ
お返事いたします
関連の薄いものは削除します

●五項目の自主規制

  • ☆敬体
  • ☆柔軟
  • ☆謙虚
  • ☆節度
  • ☆適当

ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他)
ヴィヴァルディ:協奏曲集「和声と創意への試み」(「四季」他) (JUGEMレビュー »)
ビオンディ(ファビオ),ビオンディ(ファビオ),ヴィヴァルディ,エウローパ・ガランテ,ネグリ(ラファエッロ),ロンゴ(イサベラ),マロッタ(カルラ),ベアズ(アレッサンドロ)
RECOMMEND
イーハトーヴ交響曲
イーハトーヴ交響曲 (JUGEMレビュー »)
冨田勲,大友直人,初音ミク,日本フィルハーモニー交響楽団
RECOMMEND
RECOMMEND
チャイコフスキー:交響曲第4-6番
チャイコフスキー:交響曲第4-6番 (JUGEMレビュー »)
ムラヴィンスキー(エフゲニ),チャイコフスキー,レニングラード管弦楽団
RECOMMEND
マーラー:交響曲第5番
マーラー:交響曲第5番 (JUGEMレビュー »)
バーンスタイン(レナード),マーラー,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,プファイファー(フリードリヒ)
RECOMMEND
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形
絵本つき クラシックドラマCD チャイコフスキー:くるみ割り人形 (JUGEMレビュー »)
ラトル(サイモン),チャイコフスキー,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
RECOMMEND
バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ:ミサ曲ロ短調 (JUGEMレビュー »)
ヘンゲルブロック(トーマス),バッハ,フライブルク・バロック・オーケストラ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
交響詩篇エウレカセブン まとめ

一年間に渡って続いてきたエウレカセブンも終わりです。レントンの一目ぼれから始まった本シリーズですが、さすがに一年もやるとレントンの成長著しく思えます。成長したのはレントンだけではありません。ゲッコーステイトの大人たちも同様です。


本作は戦争を描いていましたが、正面からではないアプローチが興味深いところでした。SF的にもなかなかおもしろい設定でした。地球の大地とスカブの大地の二層になっていたわけですね…… 「夢心地の朝一番に」毎回視聴していたので、お話を十分理解しているとは言いがたいですが。かなりしっかりした作品に仕上がっていたと思います。

人気blogランキングへ
| 交響詩篇エウレカセブン(終) | 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
交響詩篇エウレカセブン EPISODE NO.20「サブスタンス アビューズ」

ダブグレイブ刑務所…… これはまた痛烈なネーミングできましたね。


レントンに反発しまくりのホランド、本当は何もわかっていなかったレントン、どちらも子どもだったということでしょうか。ホランドはやっぱりエウレカに入れ込んでいる様子。タルホが嫉妬するのも無理ありません。

スカブに取り込まれたままのエウレカ、助かるんでしょうか?


レントンの行動、「ライダーズ・ハイ」じゃなくて「Substance Abuse (薬物乱用)」なわけですね。毎回英単語を調べていけば、勉強になりそう……


前回エヴァンゲリオンを思い出したと書きましたが、ここまでくると…… これは制作側もわかってて敢えてやっているんでしょうね。

人気blogランキングへ
| 交響詩篇エウレカセブン(終) | 03:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
交響詩篇エウレカセブン EPISODE NO.19 「アクペリエンス・2」

この話はまだ謎が多すぎて、どうコメントしたらいいのかわからない部分もあります。ストーリーの本筋ではなくて、細かいところに感想をつけていくことにしましょうか。


随所に現れる日本語表示、いい味出しています。「止まれ」とか……


軍に包囲攻撃を受ける月光号。軍、LFO以外にも地上戦用の兵器がいろいろあったんですね。多連装ミサイルランチャーとか、自走砲とか…… 車輪じゃなくて脚で移動するのがポイントです。


前髪を留めていないエウレカ。これだけでだいぶ雰囲気が変わるんですね。


エウレカに入れ込んでいるように見えるホランド、レントンにかなり厳しく当たります。ホランドとエウレカは軍で同じ部隊に所属していたわけですが、それ以上にホランドにはエウレカに対する何らかの思い入れとかがあるんでしょうか?

それに対して、タルホは比較的レントンを擁護しているように見えます。


今回の話、いろいろな場面でエヴァンゲリオンを思い出しました。

人気blogランキングへ
| 交響詩篇エウレカセブン(終) | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |